今井の渡し旧跡

マーカーは今井の渡し旧跡案内板です。

国立公文書館 デジタルアーカイブ – 江戸御場絵図 – 葛西筋御場絵図」(絵図は東が上になっていますので、北を上にすると見やすくなります。絵図を北向きにして、絵図四つ切右下・上今井の右の江戸川が今井の渡しです。

今昔マップ on the web:時系列地形図閲覧サイト|埼玉大学教育学部  谷 謙二(人文地理学研究室)首都圏編」で明治期以降の新旧の地形図を切り替えながら表示することができます。
1896~1909年地図で、行徳道の江戸川部分が今井の渡しです。

今井の渡し旧跡
[今井の渡し旧跡は、江戸の東の玄関口で江戸川の物流拠点の今井の渡し場の跡。現在の今井橋を渡った江戸川の東側に、大正元年まで今井の渡し場はおかれました。豊臣秀吉小田原征伐後、徳川家康は江戸に移り、東金に鷹狩に行く際この今井の渡し付近から行徳に入り、権現道を通ったと伝えられています。また、この渡し場は室町時代後期の連歌師宗長の「東土産」にも登場することから、江戸時代以前からこの付近にあったと考えられています。江戸時代には、江戸から下総国などに向かう多くの人が利用しただけでなく、北関東・東北から利根川を経由して多くの物産が江戸川を通って江戸に運ばれました。明治になり、この風景に蒸気船も加わって、江戸川はたくさんの人と船で賑わっていたそうです。今井の渡し旧跡は、鉄道や自動車の発達する以前、江戸の盛んな水運の歴史を今に伝えています。
寛永8年(1631)10月に許可された水幅118間(約207メートル)、水幅60間(約109メートル)の渡し。大正元年(1912)初代の今井橋が架けられて役目を終えました。
連歌師柴屋軒宗長が永正6年(1509)浅草から船に乗り今井の津頭で下船、紀行文「東路の津登(あづまじのつと)」で紹介したのが文献上のはじまりです。
江戸時代になってからは、江戸からの客は渡しましたが、江戸へ行く客を渡すことは禁じられていました。正保元年(1644)千葉の生実の城主森川半彌の家来男女2人久三郎とイネが駆落ちしてきて禁を犯して今井側へ渡ろうとして捕らえられて船頭とその女房を含めて5名が磔の刑に処せられました。
今井の渡し場から一丁(約109メートル)下流にあった磔場に久三郎とイネは葬られて、目印の石地蔵が建てられて「ねね塚」といわれましたが、何れの頃かの洪水でその所在は不明になったとされています。
(「葛飾誌略」) 今井の渡し旧跡案内板より  (「今井の渡し旧跡|江戸の東の玄関口で物流拠点の今井の渡し場」より)]

江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「今井の津頭」(19-50)

今井の渡し旧跡 – Google Map 画像リンク

カメラ西方向に今井の渡し旧跡案内板があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*