八蔵橋跡[元佐倉道(旧千葉街道)案内板]

マーカーは八蔵橋跡です。

国立公文書館 デジタルアーカイブ – 江戸御場絵図 – 葛西筋御場絵図」(絵図は東が上になっていますので、北を上にすると見やすくなります。絵図を北向きにして、中央右下、光福寺上、元佐倉道中の境川に八蔵ハシが描かれています。

今昔マップ on the web:時系列地形図閲覧サイト|埼玉大学教育学部  谷 謙二(人文地理学研究室)首都圏編」で明治期以降の新旧の地形図を切り替えながら表示することができます。
1896~1909年地図で、千葉街道に八蔵橋が描かれています。

元佐倉道(旧千葉街道)案内板
[元佐倉道(旧千葉街道)
 江戸時代のはじめ、両国から堅川の北岸を東にすすみ、逆井の渡しで中川(旧中川)をわたり、小岩で現在の江戸川をわたって房総へむかう道がひらかれました。逆井の渡しから小岩井にいたる道筋は、船橋以東の東金街道の整備が慶長末年あたりとすれば、その前後あるいは両国橋が架けられた万治二年(1659)あたりまでのほぼ五〇年間に順次整備されたと考えられます。『水戸佐倉道分間延絵図』には、「元佐倉通り逆井道、江戸両国橋え道法三里」と記されています。『新編武蔵風土記稿』には、「元佐倉道とて本所堅川通り亀戸逆井渡を渉り、小松川村小名四ツ又と云処より両路に別れ、左して下総国市川村に達す」とあります。一般には「元佐倉道」とよばれ、明治八年(1875)に千葉街道と改称されました。八蔵橋以東は、明治初年に道幅をひろげています。荒川放水路中川放水路(荒川・中川)の開さくによって、行徳道と交差する四ツ又(四股)とよばれたところが失われましたが、ここにあった道標(移設現存)には「両国・市川道」と刻まれています。大正九年(1920)に国道七号となり、大正一一年には小松川橋が架けられ、八蔵橋以西は経路が変わりました。昭和二七年(1952)に国道一四号に改められ、八蔵橋以西は旧千葉街道とよばれています。
江戸川区  (「元佐倉道(旧千葉街道) – Monumento(モニュメント)」より)]

カメラ位置は八蔵橋跡で、カメラ北方向に元佐倉道(旧千葉街道)案内板があります。