北小岩北野神社(茅の輪くぐり)

マーカーは北小岩北野神社です。

北小岩北野神社(茅の輪くぐり)
[旧伊予田村(現在の北小岩3・4丁目)の鎮守です。江戸時代にはこの地にあった稲荷神社と北方の北野神社が明治42年(1909)に合祀され、今の北野神社となりました。昭和39年(1964)には一里塚近くにあった須賀神社を合祀し、そこで行われていた茅の輪くぐりをここで行うようになりました。祭神には稲荷神社の倉稲魂命と北野神社の菅原道真、それに須賀神社の素戔嗚尊を加えた三柱を祀ってあります。
●茅の輪くぐり(区指定無形民俗文化財)
 直径3メートルに及ぶ大きな茅の輪を作って境内に立て、氏子たちが家族の氏名や年齢を書いた人形を持って茅の輪をくぐり、無病息災を願う夏越しの行事です。毎年6月25日の例祭日に行われます。茅の輪くぐちが終わると大祓いの式を行い、昔は人形を江戸川に流しました。素戔嗚尊が茅の輪で流行病を防ぐことを村人に教えたという故事による行事です。
 平成6年(1994)3月 江戸川区教育委員会  (「東京都江戸川区の歴史 北野神社」より)]

伊予田北野神社 – Google Map 画像リンク

カメラ西方向が北小岩北野神社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*