千葉街道(元佐倉道)・四股橋跡

マーカーは四股橋跡です。

国立公文書館 デジタルアーカイブ – 江戸御場絵図 – 葛西筋御場絵図」(絵図は東が上になっていますので、北を上にすると見やすくなります。絵図を北向きにして、絵図四つ切右下・西小松川上、元佐倉道中と行徳道の交点に一ノハシと描かれています。

今昔マップ on the web:時系列地形図閲覧サイト|埼玉大学教育学部  谷 謙二(人文地理学研究室)首都圏編」で明治期以降の新旧の地形図を切り替えながら表示することができます。
1896~1909年地図で、小松川村右の千葉街道に四股が描かれています。

四股
[以前は千葉街道(元佐倉道)と行徳道とは十字に交わっていました。その交差点を「四股(よつまた)」と呼んでいましたが、荒川建設の際に付近の家や学校なども移転しました。その際に移された 四股橋(一ノ橋)の橋桁や、交差点にあった「両国・市川道」と刻まれた道標は今も大切に保存されています。
昭和27年(1952)に国道14号に改められた千葉街道は、松島一丁目の京葉交差点から八蔵橋交差点を通り、菅原橋から小岩方面に通じる重要な道路です。京葉道路湾岸道路と同じように、今も東京と千葉をむすぶ幹線道路であり、また「千葉街道」という名称は東京都通称道路となっています。 (「2 千葉街道(PDF:511KB)」より)]

四股橋石造橋桁は松島2丁目 増田氏宅横に保存され、四股の石造四面道標は西小松川天祖神社宮司秋元邸内に保存されています。