圓勝院

マーカーは圓勝院です。

圓勝院
[圓勝院(円勝院)(えんしょういん)は、正式名を金霊山圓勝院神明寺(きんれいざんえんしょういんじみょうじ)という。東京都江戸川区鹿骨にある、真言宗豊山派の寺院。創建は不明。1530年(享禄3年)に圓海律師により中興される。1870年(明治3年)まで鹿骨鹿島神社別当であった。
江戸川区による「春の史跡ウオーク」のコースにも選ばれている。
縁起
1530年(享禄3年)に中興。明治に入り神仏分離廃仏棄釈により、1870年(明治3年)に鹿骨鹿島神社の別当を辞す。1874年(明治7年)、観音寺、乗勝院、薬王寺を合併し、圓勝院と称して今日に至る。
本堂には大日如来化身である阿弥陀如来を祀り、その他に不動明王十一面観音吉祥天を祀っている。また、国事殉難者を祀った平和の碑を境内に建立している。
1973年(昭和48年)に弘法大師生誕1200年記念事業として、また、1992年(平成4年)に興教大師850年御遠忌記念事業として、それぞれ本堂の改修が行われている。
文化財
板碑徳治三年戊申四月日銘:1975年(昭和57年)、江戸川区指定有形文化財として指定されている。  (wikipedia・圓勝院より)]

圓勝院ホームページ

円勝院|江戸川区鹿骨にある真言宗豊山派寺院 – 猫の足あと

圓勝院 – Google Map 画像リンク

カメラ西方向が圓勝院です。