宝成寺

スポンサーリンク

マーカーは宝成寺です。

宝成寺
[宝成寺(ほうじょうじ)は、千葉県船橋市にある寺院である。
社伝によると江戸時代初期に、同地域を治めていた栗原藩成瀬氏菩提寺として創建された。曹洞宗派の寺院。同寺には、成瀬正成の次男之成と之成に殉死した3人の家臣、夭折した之虎、第7代犬山城主成瀬正寿など、17基が存在する。市内唯一の大名家の墓所であり、「成瀬氏の墓 附 墓誌」として船橋市の文化財に指定されている。
なお、同寺を栗原藩陣屋とする説もあるが、記述の通り、ここは藩主の菩提寺であり、陣屋はここから離れていない場所に別に求めるのが妥当であると考えられる。
宝成寺・wikipedia-photo  (wikipedia・宝成寺より)]

江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「葛飾明神社栗原寶成寺」(20-40)[左ページに宝成寺が描かれ、その奥に法華経寺が、、右ページ上にかつしか明神(葛飾明神・葛飾神社)が、その下方向にいなり(稲荷の小祠)、葛の井(葛羅(かずら)の井)が描かれています。]

宝成寺 – Google Map 画像リンク

カメラ北西方向が宝成寺参道です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*