小岩で一番古い喫茶店「木の実」

マーカーは小岩で一番古い喫茶店「木の実」です。

小岩で一番古い喫茶店「木の実」
[創業は昭和30年。今から60年前のことである。当初は小岩駅南口に店を構えたが、昭和39年に現在の場所に移転。移転を機に15坪から42坪の大きな店となった。
店主は2代目の山本義一さん。初代店主は彼のお母さんで、病気で休職をよぎなくされた夫を支えるために始めたのだという。
「木の実」の創業時、小岩にあった純喫茶は1、2店。最も多かったと山本さんが記憶している1970年代には、小岩駅周辺に純喫茶は83軒ほどあったという。現在はそのほとんどが残っていない。
メニューは100種類以上ある。コーヒー・紅茶以外では、生レモンスカッシュ(650円)や、小松菜発祥の地・江戸川区らしく、小松菜とフルーツの生ジュース(630円)も人気。  (「お一人様だからこそわかる 創業60年の純喫茶「木の実」で体感するその …」より)]

江戸川区・小岩――東京イーストサイドに息づく昭和 … – CHINTAI

木の実 – 小岩/喫茶店 [食べログ]

カメラ北方向が小岩で一番古い喫茶店「木の実」です。