平井の渡し跡(旧中川)

マーカーは平井の渡し跡です。

国立公文書館 デジタルアーカイブ – 江戸御場絵図 – 葛西筋御場絵図」(絵図は東が上になっていますので、北を上にすると見やすくなります。絵図を北向きにして、中央下・下平井左上の中川が平井の渡しです。

今昔マップ on the web:時系列地形図閲覧サイト|埼玉大学教育学部  谷 謙二(人文地理学研究室)首都圏編」で明治期以降の新旧の地形図を切り替えながら表示することができます。
1896~1909年地図で、中川に平井橋が描かれています。

平井の渡し跡(旧中川)
[平井の渡しは、中川(旧中川)を渡る行徳道の渡し場です。燈明寺(平井聖天)への参詣路としても賑わいました。行徳道は、中川(旧中川)平井の渡しから四股で元佐倉道と交差して、東小松川村、西一之江村、東一之江村を経て今井の渡しに達する道筋を、行徳道とよんでいました。いつ頃できたものかわかりませんが、古くは行徳塩の輸送路のひとつであったと考えられています。
庶民はこの道を成田山参詣路に利用したと思われます。江戸方面へは、平井の渡しを渡って、浅草の観音さま(浅草寺)への参詣にも利用されていました。
明治32年(1899年)に平井橋が架けられるまで、使用されていました。
江戸川区登録史跡
平井6丁目1番先
昭和60年3月12日 告示  (「平井の渡し跡 江戸川区公式ホームページ – 江戸川区役所」より)]

国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 隅田川向島絵図」(絵図左中程上・中川の小村井村と平井村の間に渡場と記述されています。)

江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「平井聖天宮」(19-43)

(ページ左ページに平井渡が描かれています。)

平井の渡し跡 – Google Map 画像リンク

カメラ東方向に平井の渡し跡の案内板があります。カメラ南東方向が行徳道で、カメラ西北西方向が平井の渡し跡です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*