新川千本桜と火の見櫓

スポンサーリンク

マーカーは火の見櫓です。

関連ページリンク – 「新川

新川千本桜と火の見櫓
[新川は江戸市中にさまざまな物資を運ぶ水路、行徳の塩を運ぶ「塩の道」として多くの人に利用されました。現在は、船の就航はなくなりましたが、新川千本桜計画がスタートし、江戸情緒あふれる街並みを整備しています。その中で、両岸に1000本の桜の植樹や、火の見櫓の整備が行われています。  (「47 新名所 新川千本桜と火の見櫓:江戸川区公式ホームページ」より)]

[新川は、天正18年(1590年)、江戸城に入った徳川家康が千葉県の行徳までの塩の船路開削を命じ、道三堀・小名木川と同時に開削。以来、新川は江戸市中に様々な物資を運ぶ水路、行徳の塩を運ぶ「塩の道」として多くの人に利用されるとともに、沿川には味噌や醤油を売る店や料理店などが立ち並び賑わいを見せていました。
 現在では、鉄道や車などの移動手段が変化したことや、水門で区切られたことで船の就航はなくなりましたが、都市空間の中の貴重な水辺としてとして活用されています。また、平成6年から平成19年まで護岸の耐震・環境整備を東京都が実施し、新川橋から東水門までを除く約2キロメートルを整備しました。その後区が都の未整備箇所の整備をするとともに、新川の両岸の遊歩道に桜を植樹し、江戸情緒あふれる街並みとして整備する「新川千本桜計画」を平成19年4月からスタート。平成23年度に一部見直しを行い、平成26年度には、耐震護岸整備及び遊歩道整備が全川3キロメートルにわたり完了しました。春には20種、718本の桜が遊歩道を行き交う人々の目を楽しませています。  (「新川千本桜:江戸川区公式ホームページ」より)]

新川千本桜はのんびりと桜のお花見を楽しめる川辺の散歩道」、「新川さくら館公式サイト|周辺案内

新川西 火の見櫓 – Google Map 画像リンク

カメラ西方向が火の見櫓で、カメラ東南東方向が新川千本桜になります。

スポンサーリンク