正福寺

マーカーは正福寺です。

正福寺
[真言宗豊山派寺院の正福寺は、青松山金剛院と号します。行基菩薩が東国教化の際、照明寺の地に小松山金剛院正福寺として創建したと伝えられます。その後雷火のため焼失・衰退しましたが、正安2年(1300)賢栄法印が当地に青松山金剛院正福寺として中興したといいます。江戸時代には、門末80余寺を擁し、慶安元年(1648)には10石の朱印状を拝領、将軍家鷹狩りの際の御膳所となっていました。  (「正福寺|葛飾区東新小岩にある真言宗豊山派寺院 – 猫の足あと」より)]

江戸御場絵図」(絵図は東西方向を軸に描かれていますので、絵図を回転して南北を軸にすると見やすくなります、南北軸にした絵図で、中央下方向・西井堀右、「上小松の上に御膳所正福寺が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 御放鷹御成御膳所圖」(コマ番号73/99・正福寺御膳所絵図)

カメラ北東方向が正福寺山門です。