江戸ゆかた染め工房「高常」

マーカーは江戸ゆかた染め工房「高常」です。

江戸ゆかた染め工房「高常」
[元来、浴衣は入浴後に体の水分をふき取るものだった。それが町人のファッション着となったのは、江戸末期のこと。幕府の奢侈(しゃし)禁止令により、絹や色糸は使えない。ならば木綿の藍一色で、どれだけの粋なものを作れるか。町の旦那衆は、金に糸目をつけず、職人技を競わせた。高橋榮一さんの工房には、江戸から明治にかけて作られた浴衣の型紙が3万枚近く集められている。それを現代の染色技法で復刻。手に届きやすい価格帯で、江戸っ子の心意気をいまに伝えている。  (「高橋栄一インタビュー – えどコレ!マイスター」より)]

江戸ゆかた染め工房・高常(たかつね) ホームページ」 – 「江戸型染め 体験教室」(今現在事情によりお休みしています。再開するときはHPでお知らせします)

カメラ東南東方向が江戸ゆかた染め工房「高常」です。