河原の渡し

スポンサーリンク

マーカーは河原の渡しです。

関連トップページ – 上下之割用水

国立公文書館 デジタルアーカイブ – 江戸御場絵図 – 葛西筋御場絵図」(絵図は東が上になっていますので、北を上にすると見やすくなります。絵図を北向きにして、絵図四つ切右下・江戸川の左、伊勢屋村下の本行徳村が渡船場の位置と思われます。

今昔マップ on the web:時系列地形図閲覧サイト|埼玉大学教育学部  谷 謙二(人文地理学研究室)首都圏編」で明治期以降の新旧の地形図を切り替えながら表示することができます。
1896~1909年地図で、江戸川の伊勢屋右の破線が河原の渡しで、江戸川右に河原と記述されています。

河原の渡し
[今も昔も川に囲まれている江戸川区。遡ること千年も昔から渡し舟があったことが確認されています。江戸時代には幕府の政策により、江戸川中川の両川では橋をかけることが許されておらず、川を渡るには渡し舟によるほかありませんでした。
篠崎にも昔いくつかの渡しがありました。中でも一番古いといわれるのが戦国時代からあったともいわれる「河原の渡し」。今の篠崎水門と王子製紙工場の中間あたりから向かい岸の行徳の河原村に通じていました。行徳でとれた塩を、岩槻に送るという岩槻街道の起点であったとも考えられています。
新編武蔵風土記稿』の伊勢屋村の項には「江戸川、村の東を流る、幅百間許、渡船場あり、河原渡しと云、川の向は下総國河原村なればかく唱へり、(後略)」とあり、当時の河原の渡しの川幅がおよそ180mあった事がうかがえます。(現在はおよそ160~170mくらい)また『宇田川家文書』の「利根川渡越之儀ニ付書上候控写」には「近郷之樵夫、草苅、耕作人之外一切川向江不可越之所付別紙ニ有(後略)」などとあり、やはり江戸時代に入ると、小岩・市川の関所の抜け道となるため、旅人の往来は厳しく禁じられ、百姓だけの渡しになった様子がわかります。
明治以降、逆井橋(明治19年)を初めとして徐々に橋が架けられ年々渡し舟は減りましたが、最後まで残った「三太の渡し」(東篠崎町~行徳町)のように、時代の流れとは逆に明治12年に新しく開設されたところもあったようです。お客から声がかかると舟を出し、あるいは対岸からのお客の呼び声に舟を寄せ、通勤や買い物客らを乗せていくのは風情のある光景でしたが、残念ながら昭和43年にすべて姿を消しました。当時の料金は人が20円・自転車30円・リヤカー40円。水門から迂回しながら、今も渡しがあったなら行徳まですぐ行けるのになぁ……などと思わなくもありません。  (「スライド 1 – しのざき文化プラザ」より)]

名所江戸百景290 第96景 堀江ねこざね 河原の渡しと江戸川放水路

カメラ東方向が河原の渡しで、対岸の水門左方向の護岸部分が行徳の船溜まりになります。

スポンサーリンク