燈明寺

マーカーは燈明寺です。

国立公文書館 デジタルアーカイブ – 江戸御場絵図 – 葛西筋御場絵図」(絵図は東が上になっていますので、北を上にすると見やすくなります。絵図を北向きにして、中央下方向・下平井上に聖天と鳥居が描かれています、その聖天が燈明寺です。

今昔マップ on the web:時系列地形図閲覧サイト|埼玉大学教育学部  谷 謙二(人文地理学研究室)首都圏編」で明治期以降の新旧の地形図を切り替えながら表示することができます。
1896~1909年地図で、中川に架かる平井橋右上に燈明寺が描かれています。

燈明寺
[燈明寺(とうみょうじ)は、東京都江戸川区平井にある新義真言宗の寺院。山号は明雅山。院号は明王院。本尊不動明王。境内に聖天堂があり、古くから信仰を集め平井(の)聖天とも称される。この寺の創建年代については不詳であるが、元暁という僧により開山されたと伝えられる。江戸時代中期の1749年(寛延2年)に示寂した恵祐がこの寺を中興して聖天勧請して堂を建て、以後聖天の寺として信仰を集めた。なお、この寺はかつては真言宗豊山派に属していたが、戦後現在の新義真言宗に改められた。
本堂・wikipedia-photo  (wikipedia・燈明寺_(江戸川区)より)]

平井聖天燈明寺|江戸川区平井にある新義真言宗寺院 – 猫の足あと

平井聖天宮資料リンク
国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 隅田川向島絵図」(絵図左中程上・中川の小村井村と平井村の間に渡場と記述され、その左下に歓喜天と記述されています。)

江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「平井聖天宮」(19-43)

燈明寺(平井聖天) – Google Map 画像リンク

カメラ西方向が燈明寺山門です。

燈明寺境内のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*