葛飾八幡宮

マーカーは葛飾八幡宮です。

江戸御場絵図」(絵図は東西方向を軸に描かれていますので、絵図を回転して南北を軸にすると見やすくなります、南北軸にした絵図で、絵図四つ切右下・江戸川渡船場右方向に八幡宮と描かれています。)

葛飾八幡宮
[葛飾八幡宮(かつしかはちまんぐう)は、千葉県市川市にある神社。旧社格は県社。
寛平年間(889年-898年)に宇多天皇の勅命により石清水八幡宮を勧請して建立されたと伝えられている。 下総の国を守護する総鎮守として崇敬されている。武神であることから平将門源頼朝太田道灌徳川家康など関東武士の信仰を集めた。
八幡宮近くにある八幡の藪知らず(八幡不知森=やわたしらずのもり)でも知られる。
永井荷風幸田文幸田露伴伊藤左千夫宗左近大岡信など多くの文化人に崇拝され、親しまれた神社として知られる。
下総国守護千葉氏上総氏安房国の大名里見氏など房総の武士団から敬われた。
境内
千本公孫樹(せんぼんイチョウ) – 推定樹齢1200年。国の天然記念物に指定(指定名称は「千本イチョウ」)
鐘楼廃仏毀釈以前に天台宗の八幡山法漸寺が別当寺として管理していたもの。
随神門 – 神仏分離以前は別当法漸寺の仁王門であった。市川市指定有形文化財。
葛飾八幡宮拝殿・wikipedia-photo、「千本公孫樹(国の天然記念物)、2009年4月撮影」・wikipedia-photo、鐘楼・wikipedia-photo、参道と随神門・wikipedia-photo、祭りが開催される境内・wikipedia-photo  (wikipedia・葛飾八幡宮より)]

葛飾八幡宮公式ウェブサイト

江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「八幡不知森 八幡宮」(20-32)、    「葛飾八幡宮解説・左ページ」(20-31)、「葛飾八幡宮、八幡不知森解説

葛飾八幡宮 二の鳥居 – Google Map 画像リンク」、「葛飾八幡宮 随神門 – Google Map 画像リンク」、「葛飾八幡宮 – Google Map 画像リンク」、「厳島社(葛飾八幡境内) – Google Map 画像リンク」、「尾上稲荷社 – Google Map 画像リンク」、「八坂社(葛飾八幡境内) – Google Map 画像リンク」、「浅間社(葛飾八幡境内) – Google Map 画像リンク」、「千本イチョウ – Google Map 画像リンク

カメラ北北東方向が葛飾八幡宮参道です。

カメラ北方向が隋神門です。

カメラ北方向が葛飾八幡宮拝殿で、カメラ南方向に鐘楼があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*