西井堀跡/行徳道

スポンサーリンク

マーカーは西井堀跡/行徳道です。

関連トップページ – 上下之割用水

国立公文書館 デジタルアーカイブ – 江戸御場絵図 – 葛西筋御場絵図」(絵図は東が上になっていますので、北を上にすると見やすくなります。絵図北向き中央下方向・下平井の右方向に西井堀と行徳道との交差点が描かれています。

今昔マップ on the web:時系列地形図閲覧サイト|埼玉大学教育学部  谷 謙二(人文地理学研究室)首都圏編」で明治期以降の新旧の地形図を切り替えながら表示することができます。
1896~1909年地図で、南葛飾の左下に西井堀と行徳道との交差点が描かれています。

行徳道
[行徳道は江戸時代から、元佐倉道(現千葉街道)と並んで、江戸川区域を東西に横断する重要な道路でした。この道は中川(旧中川)の平井の渡し(平井六丁目)から、四股(よつまた)で元佐倉道と交差し、東小松川村・西一之江村東一之江村を経て、今井の渡し(江戸川三丁目)に達します。
中世からの水運の拠点であった今井から対岸の行徳河岸(現市川市)へ舟で渡ると、船橋から佐倉成田へ行くことができました。
行徳道ができた年代は不明ですが、古くは行徳塩の輸送路とも考えられています。また文化2年(1805)に作成された江戸近郊の幕府御鷹場の地図「葛西筋御場絵図」から、小松川境川や一之江境川、十数本の大小の用水路を橋で渡り、田畑を貫くほぼまっすぐな道だったことがうかがえます。道筋には御膳所であった 仲台院もあり、将軍鷹狩りの際の主要な道でもあったようです。
江戸時代、庶民はこの道を成田山浅草観音への参詣路に利用していました。道沿いには行徳や浅草などを指し示す道標が残されています。平井の諏訪神社脇にある享保19年(1734)建立の下平井の観世音菩薩浅草道石造道標の右側面には「あさくさ道」、左側面には「是より佐り(左)ぎょうとく道」と刻まれています。また平井駅北口の庚申堂前に移された浅草道石造道標や、四股にあった2基の道標も、行徳や浅草などの方向を示していました。  (「10 行徳道(今井街道)(PDF:492KB) – 江戸川区」より)]

カメラ位置は西井堀跡/行徳道で、カメラ西南西方向、北北東方向が西井堀跡で、カメラ北西方向、東南東方向が行徳道です。

スポンサーリンク