雷香取神社

スポンサーリンク

マーカーは雷香取神社です。

国立公文書館 デジタルアーカイブ – 江戸御場絵図 – 葛西筋御場絵図」(絵図は東が上になっていますので、北を上にすると見やすくなります。絵図を北向きにして、絵図四つ切右下、江戸川の川口に妙見島が描かれています、その左方向、長嶋の下、東宇喜多の右方向に江戸川岸編に現在地に遷座前の雷香取神社があることになります。

今昔マップ on the web:時系列地形図閲覧サイト|埼玉大学教育学部  谷 謙二(人文地理学研究室)首都圏編」で明治期以降の新旧の地形図を切り替えながら表示することができます。
1896~1909年地図で、旧江戸川左に真蔵院その右方向に雷と描かれています。

雷香取神社
[雷香取神社はは、江戸川区東葛西にある香取神社です。雷香取神社は、邵値阿闍梨が下総の香取大神を勧請して慶安2年(1649)に創建、天保7年(1836)数百メートルほど遷座、旧東宇喜田村雷組の鎮守だったといいます。平成2年当地へ遷座したといいます。
新編武蔵風土記稿による雷香取神社の由緒
香取社
村内(東宇喜田村)雷組の鎮守とす。真蔵院持。(新編武蔵風土記稿より)
●「江戸川区史」による雷香取神社の由緒
香取神社(葛西一丁目一四五〇番地)
慶安二年(一六四九)に邵値阿闍梨が下総の香取大神を勧請して創建したという。祭神は経津主命。もとは昇覚寺持ちで南方にあったが、天保年間教典法印によって真蔵院持ちとなり、天保七年現在地に移された。以後旧東宇喜田村雷組の鎮守となった。(「江戸川区史」より)  (「雷香取神社|江戸川区東葛西の神社、旧東宇喜田村雷組鎮守 – 猫の足あと」より)]

雷香取神社 – Google Map 画像リンク

カメラ北西方向が雷香取神社です。

スポンサーリンク