つまみ堂

マーカーはつまみ堂です。

つまみ堂
[「つまみ細工」とは江戸時代から伝わる技法で、薄絹の「羽二重」を正方形に小さく切り、これを摘んで折りたたみ、組み合わせることによって花や鳥の文様をつくる東京都指定の伝統工芸です。和服に合う髪飾りなどが代表的で、 分かりやすいのは舞妓さんの簪(かんざし)で使われている技術ですね。
店主の父がお正月や七五三に使う髪飾り卸売業として創業。店主は幼いころから当然のようにつまみ細工に関わり、周りにも職人が大勢いました。しかし、着物を着る機会が減っていくのと並行してつまみ細工の需要も減少、同時につまみ細工職人も減っていく現状に危機感を覚えていました。
つまみ細工は材料が羽二重等であるうえ、糊付けで加工している為、保存には向かない。このままでは、江戸時代から続く日本の伝統文化が消えてしまう…
そのとき出来るどうかを別として、日本にこの技術を残したいなと強く思いました。
私は職人ではないんですが、やっぱり残したいと思ったんです。じゃあ、どうしようかを考えたときに、もう一回つまみ作家、つまみ職人が育てばいいのではと思いました。そのためには一般の人に広めて、その中から5年後10年後につまみを専門に制作する人間がでればいいだろうと。そのための場をつくるのであれば、材料屋とそういう技術を提供する場を作ってみればいいかなと思い、そこで、世界で唯一となる「つまみ細工の本格体験型店舗」を開店しました。つまみ細工の制作教室のほか、材料は日本で髄一の品揃えを誇り、つまみ細工ファンや作家を応援する店舗となっています。3月31日で一周年(※2013年当時)を迎えました。
店舗内では、 『販売(素材、製品)・つまみ作家による講習会・スタッフによるつまみ細工体験』 を実施しております。   (「東京・浅草橋 つまみ堂 » つまみ堂とは? 」より)]

カメラ北西方向がつまみ堂です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*