大嶋屋恩田(ちょうちん)

マーカーは大嶋屋恩田です。

大嶋屋恩田(創業安政元年/1854年)
[提灯の起源
ちょうちんは漢字で提灯、提燈、桃燈などとあらわします。「提」はささげ持つ動作、「桃」はかかげる動作を意味しますが、現在では「提灯」の字を用います。16世紀の初め、室町時代文亀年間(1501~1504)の初期に提灯と認められる、籠提灯が使われていたと言われています。籠提灯は円筒形の竹篭の周囲に紙を貼って火袋とし、手で提げるための取っ手を付けた物で、現在の様に畳むことが出来なかったそうです。室町時代の末期、天文年間(1532~1555)に、今日の折りたたむ提灯の原型のものが出来たと考えられています。その後提灯は、細い割り竹を丸く輪にして骨を作り、紙を貼り覆いをし、上下に自由に伸縮できるようにし、底の部分に蝋燭を立てる様になりました。こうした構造は日本独特のもので、16世紀後半安土桃山時代(1573~1596)の事と言われています。ただし、提灯が一般に普及したのは江戸時代(1596~1868)、すなわち17世紀以後の事で、提灯の種類によっては、現在でも使われているものもあります。
沿革と特徴
江戸時代半ば頃から浅草近辺には多くの書き職人が仕事をしていました。明治時代の頃より、問屋制が発達し提灯製造業と提灯文字書き専門業の分業が進み、現在も東京の提灯屋は貼り上がった皮に、家紋文字等を書き入れることを仕事としています。提灯に書き入れる文字は一般的に江戸文字といわれ、神社仏閣に貼る千社札の原稿を提灯屋が書いていました。千社札は枠の中に文字を入れますが、提灯は枠の線がないので少し伸び伸びした文字となります。また、家紋は着物の紋付の入れ方と違い、白地に黒で家紋を描きます。遠くからも見えやすく、線の入れ方を工夫しバランスを取り描くのが特徴です。  (「ちょうちん 大嶋屋恩田ホームページ – 提灯の歴史」より)]

[安政元年(1854年)から続く浅草の老舗。お祭りや神社に飾る提灯、料理屋の店先につるす赤提灯や家紋入り提灯にとどまりません。大人気の似顔絵入り提灯は金婚式祝いや結婚式で大活躍。電池でLED点燈する「ちょうちん安光(あんこう)」もインテリアに彩りを添えると好評です。
■見学
見学は実施していません。
■体験
料金 – 小・中学生 2,500円、一般 3,000円~(材料費込)
定員 – 3~12人位まで
所要時間 – 約1時間30分
休日 – 主に日曜祝日(不定休あり)
時間 – 午前の部 10:00~11:30、午後の部 14:00~15:30
※要予約。予約にあたっては、ホームページを参照。  (「大嶋屋恩田 – 東京都産業労働局」より)]

カメラ東方向が大嶋屋恩田(ちょうちん)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*