秋田藩(久保田藩)佐竹家中屋敷跡

マーカーは秋田藩(久保田藩)佐竹家中屋敷跡です。

関連リンク - 佐竹藩(秋田藩)江戸屋敷跡碑佐竹稲荷神社秋田藩(久保田藩)佐竹家上屋敷跡佐竹秋葉神社秋田藩(久保田藩)佐竹家蔵前中屋敷跡向陵稲荷神社(秋田藩(久保田藩)佐竹家抱屋敷跡)道灌山(秋田藩(久保田藩)佐竹家抱屋敷跡)久保田藩佐竹家下屋敷跡(浩養園跡)佐竹稲荷神社(久保田藩佐竹家梅田屋敷)千秋文庫久保田藩佐竹家亀戸下屋敷跡

秋田藩(久保田藩)佐竹家
[久保田藩(くぼたはん)は、江戸時代の藩の一つ。秋田藩(あきたはん)とも呼ばれる。久保田城を居城とし、藩主は佐竹氏が治めた。佐竹氏室町時代以来の常陸守護の家柄であったが、関ヶ原の戦いにおける挙動を咎められて出羽国(後の羽後国)秋田へ移封された。表高は約20万石、実高は約40万石。家格は大広間国持大名
支藩として新田分知された家が2家ある他、2代義隆の実家亀田藩岩城氏)が事実上の支藩となっていた時期もあった。
秋田・仙北地方は、戦国期には秋田氏戸沢氏六郷氏小野寺氏などが治めていたが、関ヶ原の戦い後の慶長7年(1602年)に小野寺氏は改易、他は多くが常陸国へ転封となり、代わって佐竹氏が入封する事により近世大名支配が始まった。久保田入封以前の佐竹氏は常陸一国54万石の大身大名であったが、久保田藩の表高は当初明示されず、60年以上経った寛文4年(1664年)に計20万5,800石と決定された。そのため、常陸以来の膨大な家臣団を抱えて財政は慢性的に苦しい状態が続き、宝暦4年の藩札発行に起因する佐竹騒動を初め、政の混乱や領民の一揆が多発した。
そんな中でも歴代藩主は文教事業に熱心に取り組み、三代義処による藩史編纂局「秋田史館」創設、八代義敦(曙山)による「秋田蘭画」創設、九代義和による藩校明徳館」設立などの業績が知られている。
明治維新に際しては、当初は奥羽越列藩同盟に参加していたが、平田篤胤の思想をなぞる尊攘派が形成されていたこともあり、仙台藩の使者を斬ったうえ明治政府側に寝返った。尊攘派の中心は吉川忠行・忠安親子であり、忠安は雷風義塾に学んでいた。忠安は『開花策論』において尊皇思想を説き12代藩主佐竹義堯がこれを容れたための、一藩での官軍参加であった。これによって列藩同盟の攻撃を受けたものの、明治政府が派遣した佐賀藩兵の助けもあって持ちこたえた(秋田戦争)。
慶応4年閏4月21日(1868年6月11日)発布の政体書に於いて府藩県三治制が布かれ、佐竹氏の地方政権が正式名称として「久保田藩」になった。しかしこの地方の古来よりの呼称は「秋田」であり、「久保田」は300年来の称とはいえ元は一小村の俗称に過ぎないとして、明治4年1月9日(1871年2月27日)に政府へ藩名変更の願書を提出し、同年1月13日(3月3日)に秋田藩と改称した。  (wikipedia・久保田藩より)]

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 下谷絵図(嘉永四年・1851年)」(絵図四つ切左下・に藤堂和泉守上屋敷左下に佐竹次郎(佐竹義睦)中屋敷が描かれています。)

国立国会図書館デジタル化資料 – 御府内往還其外沿革図書. 十四之二(天保十六年・1844年)」(絵図四つ切右上・藤堂和泉守上屋敷右に佐竹次郎(佐竹義厚)中屋敷が描かれています。)

カメラ南南東方向道路両サイドが秋田藩(久保田藩)佐竹家中屋敷跡になると思います。