西福寺

マーカーは西福寺です。

西福寺
[浄土宗の西福寺は、東光山松平良雲院と号し、もと京都知恩院末です。江戸時代には千駄ヶ谷に100石の御朱印を受けていた他、別院真行院、塔頭六ヵ院(源祟院、法林寺、林照院、長應院、存心院、智光院)を有し、浄土宗江戸四ヶ寺の一つとして触頭を勤めていました。
育英小学校発祥の地
 明治2年(1869)3月、明治新政府江戸幕府による政治体制にかわる新しい日本の構築にあたって、国民全体の教育の推進をはかるため、小学校の設置を定め、明治3年3月、東京に六つの小学校を設立した。その一つが、本寺境内に設立された「仮小学 第四校」で、現在の育英小学校の前身である。開校日は同年6月23日で、現蔵前鳥越・浅草橋・柳橋三筋附近に居住していた旧大名旗本及びその家臣の子弟たちが入学したといわれる。したがって当地は同5年8月の学制発布に先立つ、東京で最も早い公立小学校発祥の地である。当校は、同7年(1874)4月中旬に医学館跡地(現浅草橋4丁目17番附近)へ移転、明治10年8月、育英小学校と改称し、同18年10月に現在地(浅草橋2丁目26番8号)に移った。(台東区教育委員会)  (「猫のあしあと」より)]

[勝川春章(かつかわしゅんしょう)墓  都指定旧跡
浮世絵師。宮川氏ともいい、旭朗斎または、西爾と号した。俗称は祐助。浮世絵を描き、また書を能した。はじめ嵩谷に学び、歌舞伎俳優の肖像画および五人男の図をよくした。また武者絵に巧みで、はじめ人形町林屋七右衛門の家に寄食し、貧しいため名印がなく、林屋の受領印をもって代えた。印文は壺の中に林の字があった。このために人々は彼を壺屋と呼んだという。寛政4年(1792)12月8日没した。没後門人勝川春好が二世春章となり、同じく壺形の印形を用いたため、人々は彼を小壺と呼んだ。
   昭和43年(1968)3月1日建設 東京都教育委員会  (「東京都台東区の歴史 勝川春章墓(西福寺)」より)]

資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 下谷絵図」(1849 – 1862)[絵図中央下に「松平山 西福寺」と描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 御府内往還其外沿革図書. 拾五之二」(絵図中央上に「西福寺」が描かれています。)

江戸名所図会」(画像は国立国会図書館ウェブサイトより取得)・西福寺

江戸名所圖會. 卷之1-7 / 齋藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 畫圖」・「西福寺」(16-34)、「東光山西福寺解説・左ページ中程から」(16-33)

西福寺 – Google Map 画像リンク

カメラ西方向が西福寺山門です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*