鮒佐

マーカーは鮒佐です。

鮒佐
[鮒佐(ふなさ)は、文久2年(1862年)に創業し、156年の伝統を持つ東京都台東区浅草橋に存在する佃煮の製造・販売専門店。 鮒佐の名は、創業者である大野佐吉が、醤油で『鮒』を付け焼きした「鮒のすずめ焼」を商っていた事と、佐吉の名前の『佐』に由来する。 今でも続くその"江戸前の味"は、一子相伝の製法により、初代からしっかりと受け継がれている。
文久2年(1862年)に下総国船橋出身の大野佐吉により江戸は浅草見附外、浅草瓦町(現在の台東区浅草橋)で佃煮屋として創業。156年続く老舗である。
初代佐吉が創案した佃煮は、それまで塩煮であった佃煮を独自な改良(種類ごとの素材に分け、当時高級であった醤油を初めて使用するという斬新な発想)のもと現在の佃煮の原型を創り出した。これが、鮒佐が『佃煮の元祖』といわれる所以である。
通年で【昆布、ごぼう、あさり、海老、しらす、穴子】、季節限定で【小はぜ、海苔】を製造販売。
初代佐吉のモット-である『家業に誠実たれ』を守り続けている。職人にたよる事なく主人が自ら釜の前に立ち、創業当時と変わらず薪をへっついにくべて、秘伝のタレを使用している。鮒佐の佃煮は創業以来変わらない製法で作られている。
昭和63年(1988年)に建設された現店舗・wikipedia-photo、佃煮製造に実際に使用されているへっつい・wikipedia-photo  (wikipedia・鮒佐より)]

鮒佐(ふなさ)|浅草橋 佃煮専門店ホームページ

鮒佐 – 浅草橋/その他 [食べログ]

カメラ北北東方向が鮒佐です。