中野新仲見世商店街

スポンサーリンク

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    中野新仲見世商店街
    [JR中央線中野駅北口。中野サンモール商店街のアーケードを進み、中野ブロードウエー入り口前の 白線通りを右に曲がる。最初の角を左に入ると、突然、今までとは違った趣の一角が現れる。
    まさに下町の横丁や路地裏といった佇まいのこの商店街に一歩足を踏み入れると、不思議に懐かしい気分になってくる。昭和24年発足当時の面影を残す町並みの中では時間さえもゆっくり流れるようだ。商店街のシンボルの、山桜が四季折々の表情にさらなる彩りを添えてくれる。
    ここでは、うなぎ一つとっても普通の蒲焼ではなく串焼き。ヤキトリのように串に刺さってあらわれる。そのほかにも、松坂牛!!使用のもつ焼き、七輪で焼くジンギスカン、元お相撲さんが作るチャンコ鍋などなど珍しいもののオンパレード。中央の小さな広場に面して 八百屋、うなぎ、そば、焼き鳥、中華に。もちろん、昼間もOK! 昔ながらの定食屋に、みるからにコシのありそうな素朴な手打ち蕎麦、絶品の春巻き、揚げたてのてんぷら、落ち着ける喫茶店、もある。うれしい出合いと発見の連続になりそうだ。新仲見世商店会にはおいしいものと珍しいものがあふれている。  (「中野新仲見世商店会 – 中野区商店街連合会」より)]

    中野駅北口の大飲食店街(2) 「新仲見世」と「昭和新道商店街 … 」、「そこは昭和の大迷宮(新仲見世商店街・中野区) – ビバ!迷宮」、「中野 川二郎 ~四代目は美人店主 – うなぎ大好き

    カメラ位置は白線通りで、カメラ初期設定方向が中野新仲見世商店街になります。最初の小路3軒目に「うなぎ串焼き 川二郎」があり、その先を進むと平成 13 年にリニューアルオープンした「武蔵野そば処」があります。(「川二郎 (かわじろう) – 中野/うなぎ [食べログ]」、「武蔵野そば処 (むさしのそばどころ) – 中野/そば [食べログ]」)

    カメラ南方向が「うなぎ串焼き 川二郎」です。

    カメラ南方向が「武蔵野そば処」です。

    スポンサーリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *