保善寺(獅子寺)

マーカーは保善寺(獅子寺)です。

保善寺(獅子寺)
[JR東中野駅の北西、徒歩8分。早稲田通りに沿って寺が並ぶ上高田の寺町の一角にあり、獅子寺とも呼ばれる。
 文禄2年(1593年)、武田信玄の従兄弟に当たる蟠翁門龍和尚による開山で、はじめは牛込通寺町にあったが、明治39年(1906年)に現在地に移転した。獅子寺と呼ばれるのは、寺がまだ牛込にあった頃、三代将軍家光が立ち寄って獅子のような犬を下賜したためと伝えられている。
 境内には寺が経営している幼稚園があり、保育時間が終わる午後には子供たちのにぎやかな声に包まれる。  (「PORTAL TOKYO 東京ガイド 中野区 保善寺(獅子寺)」より)]

曹洞宗 保善寺 – Google Map 画像リンク

カメラ北北東方向が保善寺(獅子寺)山門で、山門右に獅子像が設置されています。