多田神社

マーカーは多田神社です。

多田神社
[多田神社は、寛治6年(1092)源義家大宮八幡宮杉並区大宮二丁目)に参詣のおり、当地に先祖多田満仲を奉祀したことにはじまると伝えられ、当地雑色村の鎮守となっていたといいます。
新編武蔵風土記稿による多田神社の由緒
(雑色村)多田権現稲荷合社
除地、二千三百三十二坪、外に稲荷除地九十六坪、村の中程にて平地より八九尺許高き所にあり、石階十五級を設く、わづかなる社にて二間に三間の拝殿あり、南向、前に木の鳥居をたつ、鎮座の年代詳ならず、例祭九月廿六日(新編武蔵風土記稿より)
●中野区教育委員会掲示による多田神社の由緒
雑色(ぞうしき)村と多田神社
現在の南台の地域は、古くから雑色(又は雑色村)とよばれていました。そしてこの多田神社を雑色の鎮守としてあがめ現在にいたっています。
 当社は、約九百年前、寛治六年(一〇九二)源義家(みなもとよしいえ)が大宮八幡宮(杉並区大宮二丁目)に参詣(さんけい)のおり、先祖多田満仲を奉祀したことにはじまると伝えられています。したがって当社の創建の時からすでに雑色の地は大宮八幡宮とのつながりがとりわけ深く、天正十九年(一五九一)の検地帳にも「多東郡大宮之内雑色村」と記され、大宮領に含まれていたことがわかります。また、鎌倉街道と伝えられる古道が両神社〜雑色地域の間に通じていたともいわれています。
 「雑色」とは、皇室の文書や道具類を納める倉を管理したり、皇室行事の実施を担当する役所で働いていた人々のことで、その所有地であったことに由来する地名とする説と、大宮八幡宮の造営に働いた人びとの所有地であったことが地名の起りであるとする説があります。
   昭和五十八年三月  中野区教育委員会  (「多田神社|中野区南台の神社、雑色村鎮守 – 猫の足あと」より)]

多田神社 | 多田満仲公をお祀りしている神社ホームページ

【中野の歴史3-1】源氏ゆかりの雑色村と多田神社 | 中野の歴史 | まち歩き

多田神社 – Google Map 画像リンク

カメラ北東方向が多田神社参道です。

多田神社拝殿前のカメラです。