皆中稲荷神社

マーカーは皆中稲荷神社です。

皆中稲荷神社
[皆中稲荷神社(かいちゅういなりじんじゃ)は東京都新宿区百人町にある稲荷神社である。JR新大久保駅の西約100mの市街地に鎮座している。賭け事に利益(りやく)があるとして有名な神社である。
天文2年(1533年)9月のある夜、稲荷大明神が鉄砲組与力の夢枕に立ち射撃を伝授した。その霊験が評判となり、皆中稲荷(みななかのいなり)と呼ばれるようになった。その後「当たる」ものに御利益があると人気をあつめ、現在は「賭けごとの神様」として親しまれている。
歴史
●天文2年(1533年)、創建。
明治32年(1899年)、明治天皇によって大久保つつじの和歌が詠まれる。
昭和16年(1941年)、大久保つつじの和歌の記念碑が建立。
●平成14年(2002年)2月1日、例祭の鉄砲組百人隊行列が国の無形民俗文化財として登録。
皆中稲荷神社・wikipedia-photo  (wikipedia・皆中稲荷神社より)]

[天文2年(1533年)にこの地に鎮座して、大久保の鎮守となりました。寛永年間には、幕府が「鉄砲百人組」をこの付近に住まわせたことから、「皆中」を「みなあたる」と読むことで縁起がよいとされ、鉄砲組の信仰を得て、「百人組出陣の儀」が奉納されるようになったといいます。鉄砲隊百人組がこの地に住むようになると、近在の旗本などの信者も多くなり、「皆中稲荷」と称されるようになったといいます。同社は、第二次世界大戦本殿を残してその他の建物を焼失してしまったため、伝来の武具や古文書を焼失しました。現在、それを補う意味と「百人隊行列」を実行するために、多くの古銃や関係資料を収集しています。  (「皆中稲荷神社 – 新宿観光振興協会」より)]

皆中稲荷神社ホームページ

皆中稲荷神社 – Google Map 画像リンク

カメラ南方向が皆中稲荷神社表参道です。

カメラ東方向が皆中稲荷神社拝殿です。

皆中稲荷神社拝殿横のカメラです。