専福寺

スポンサーリンク

マーカーは専福寺です。

専福寺
[浄土宗大谷派の寺院で、白蓮山専福寺という。寛永8年(1631)市谷に創建し、正保2年(1645)現在地に移る。専福寺には、幕末から明治中期にかけて活躍した浮世絵師月岡芳年の墓(区指定史跡)がある。
 芳年は、天保10年(1839)江戸幕府御家人を父として大久保に生まれ、名を米次郎といったが、美人画を得意とした月岡雪斎の養子となった縁から、歌川国芳の門に入って浮世絵師としての道を歩むようになった。原色を多く用い鮮烈な印象を与える写実的な筆致によって、明治期の浮世絵界に芳年風といわれる独自の地歩を築いた。明治15年(1882)には絵入り新聞社に入り、やまと新聞社に転じてジャーナリズムの世界でも活躍。明治25年6月9日、病により没した。
  区内最古の絵画阿弥陀三尊来迎図(鎌倉時代)もある(非公開)。  (「専福寺 – 新宿観光振興協会」より)]

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 大久保絵図」[絵図左上中央付近に専福寺が描かれています。]

国立国会図書館デジタルコレクション – 府内場末其外往還沿革図書. [14]拾九元」(コマ番号4/5・中央左下方向に専福寺年貢地が描かれています。)

専福寺 – Google Map 画像リンク

カメラ南南西方向が専福寺山門です。

スポンサーリンク