小倉藩小笠原家下屋敷跡(小笠原伯爵邸)

マーカーは小笠原伯爵邸です。

関連リンク – 小倉藩小笠原家上屋敷跡小倉藩小笠原家中屋敷跡亀住稲荷神社

小笠原忠幹
[小笠原 忠幹(おがさわら ただよし)は、播磨安志藩5代藩主・小笠原長武の次男。天保10年(1839年)12月14日、実父・長武の死去により、家督を相続し安志藩主となった。天保13年(1842年)10月15日、12代将軍・徳川家慶に拝謁する。同年11月1日、従五位下兵部少輔に叙任する。後に信濃守に改める。
万延元年(1860年)11月6日、本家の豊前国小倉藩主・小笠原忠嘉の死去により、末期養子として家督を相続し、小倉藩主となった。それに伴い、長男・貞孚が安志藩主になった。文久元年(1861年)12月16日、従四位下に昇進し、大膳大夫に改める。後に左京大夫に改める。文久3年、14代将軍・徳川家茂が上洛したときは、その警護を務めている。元治元年(1864年)5月5日、侍従に任官し、左京大夫に改める。
第二次長州征伐中の慶応元年(1865年)、39歳で死去した。小倉藩は次男の忠忱が継いだが、忠忱が幼少のため、忠幹の喪は秘された。死去が公にされたのは、小倉城を自焼し、藩庁を田川郡香春に移した後の慶応3年(1867年)だった。  (wikipedia・小笠原忠幹より)]

[慶応元年(1865年)9月6日、父・忠幹が死去する。しかし、嫡子の忠忱はわずか4歳という幼年であったうえ、翌年には第二次長州征伐も控えていたため、重臣たちは忠幹の喪を秘した。以後、家老小宮民部島村志津摩らにより藩政は動かされた。第二次長州征伐では、長州藩の攻撃を受け、慶応2年8月には小倉城に火を放って退却した。同年9月、田川郡香春に政庁を設置した。慶応3年1月、長州藩と講和する。
慶応3年(1867年)6月25日、父忠幹の死亡を幕府に届け、家督を継いだ。慶応4年3月、幼少の忠忱に代わり、重臣を上洛させて、新政府に従う姿勢を示した。同年4月7日、新政府に対し、避難していた熊本藩領から本領に戻ることを申請する。  (wikipedia・小笠原忠忱より)]

小倉藩小笠原家下屋敷跡(小笠原伯爵邸)
[小笠原伯爵邸(おがさわらはくしゃくてい)は、東京都新宿区にある建築物。東京都選定歴史的建造物(第66号)。旧小倉藩藩主の伯爵小笠原長幹の邸宅として1927年(昭和2年)に現在地に建てられた。建物は当時流行のスパニッシュ様式で鉄筋コンクリート造の地上2階、地下1階建て。敷地は江戸時代の小倉藩下屋敷跡地である。戦後1948年(昭和23年)に米軍に接収され、4年後に東京都に返還されて1975年(昭和50年)まで東京都福祉局中央児童相談所として使用されたがその後は用途を失って放置され、一時は取り壊しも検討された。
2000年(平成12年)になって管理していた都生活文化局から民間貸出の方針が示され、同年12月には箱根等でレストランを経営するインターナショナル青和が借り手に決定。本間建設株式会社の修復工事を経て2002年(平成14年)6月にレストラン「小笠原伯爵邸」としてオープンした。
建築概要
●設計:曽禰中條建築事務所(共同経営者の一人である曽禰達蔵は小倉藩の分家にあたる旧唐津藩出身)
●施工:石井組
●竣工:1927年
●所在地:東京都新宿区河田町10-10
●構造:鉄筋2階建RC造
交通アクセス
都営地下鉄大江戸線若松河田駅 河田口より徒歩約1分。
小笠原伯爵邸・wikipedia-photo
  (wikipedia・小笠原伯爵邸より)]

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 大久保絵図(嘉永七年・1854年)」(絵図中央に小笠原左京大夫下屋敷と描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 江戸絵図. 9号」(コマ番号3/5・絵図中央左、稲荷上に小笠原豊千代丸(小笠原忠忱)下屋敷が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 御府内場末往還其外沿革圖書. [16]拾九亨(嘉永五年・1852年)」(コマ番号3/7・絵図四つ切左下右側に小笠原左京大夫下屋敷が描かれています。)

東京都立図書館アーカイブ – 東京市牛込区全図(出版年-1907)」(地図四つ切中央・谷河田町の17,19が小倉藩小笠原家下屋敷跡になると思います。)

カメラ南南東方向が小倉藩小笠原家下屋敷跡(小笠原伯爵邸)で、左の建物は若松河田駅河田口です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*