がんかけ地蔵(庚申塔・地蔵尊・二十三夜碑)

マーカーはがんかけ地蔵です。

がんかけ地蔵(庚申塔・地蔵尊・二十三夜碑)
[所在地 中野区野方3-7
 庚申塔には、太陽と月、青面金剛3匹の猿、にわとりなどが彫られています。
 この付近の人々31人が建立したもので、石の側面には享保21丙辰天3月吉祥日(1736)と彫ってあります。台石には「右中村道 左さぎのみや道」と記され、道標の役をはたしていました。
 地蔵尊は、延享元年(1744)9月建立されたもので、沼袋村の矢島亦右衛門のほかに、とめ、多よ、いちなど女性の名前が記されています。台石には、秩父、坂東、西国の観音霊場百ヶ所をめぐり、長寿福楽と来世での安穏を願った旨の文字が読みとれます。
 二十三夜の碑は、昔、このあたりで疫病がはやったことがあり、祈祷師から以前にこの地にあったはずの二十三夜塔を再建するようにとのお告げがあり、関係者8人によって昭和2年(1927)に建てられたものと伝えられています。
 平成12年(2000)5月   中野区教育委員会  (「東京都中野区の歴史 – 庚申塔・地蔵尊・二十三夜碑」より)]

二十三夜塔
[二十三夜の碑は昭和初期、このあたりで疫病がはやったことがあり、祈祷師から以前にこの地にあったはずの二十三夜塔を再建するようにとのお告げにより、建てられたものと伝えられています。これは、この地に生活する人々の間に、二十三夜講(人々が集い、飲食を共にしながら十三夜の月を待ち無病息災を祈る行事)の行事があったことを示すものです。
碑の隣にある祠の中には、太陽と月、青面金剛三匹の猿、にわとりなどが彫られた庚申塔があり、台石には、「右中村道左さぎのみや道」と記され道しるべの役をはたしていました。
バス通りに面した、三叉路にあります。
所在地 中野区野方3-7
アクセス 西武新宿線 「野方」駅から徒歩13分  (「二十三夜塔 | まち歩き | 中野区都市観光サイト まるっと中野」より)]

二十三夜塔 – Google Map 画像リンク

カメラ北方向ががんかけ地蔵(庚申塔・地蔵尊・二十三夜碑)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*