桃園橋

スポンサーリンク

マーカーは桃園橋です。

桃園橋
[1955年(昭和30年)頃に多発した洪水被害を防ぐために、桃園川は昭和40年代までに川にふたをかぶせて暗渠化され、その上に作られたのが桃園川緑道です。四季折々の植物を愛でつつ散策するのが楽しい遊歩道ですが、道となっても川だったときのなごりは、所々に残っている橋の親柱に見ることができます。
川の名前にもなっている「桃園橋」は、交通量の多い中野通りの五差路近くに。橋としての機能を返上しても立派な親柱が目立ちます。  (「橋のなごりを探して歩く「桃園橋」「仲園橋」「公園橋」「宮園橋 … – まるっと中野」より)]

今昔マップ on the web:時系列地形図閲覧サイト|埼玉大学教育学部  谷 謙二(人文地理学研究室)首都圏編」で明治期以降の新旧の地形図を切り替えながら表示することができます。
今昔マップを見ると、1896~1909年地図に桃園川が所沢道と交差する場所に桃園橋が描かれています。

カメラ位置は桃園橋で、道路両サイドに高欄と親柱が残されています。

スポンサーリンク