水稲荷神社

スポンサーリンク

マーカーは水稲荷神社です。

水稲荷神社
[水稲荷神社(みずいなりじんじゃ) とは東京都新宿区西早稲田に鎮座している神社である。旧称冨塚稲荷と命名されたが元禄15年、霊水が湧き出し、水稲荷神社と改名された。眼病のほか水商売および消防の神様として有名である。 甘泉園公園に隣接しており、境内にある高田藤塚は江戸中最古の富士塚の移築である。
歴史
●941年(天慶4年) – 藤原秀郷が冨塚の地に稲荷大神を勧請し冨塚稲荷と命名。
●1702年(元禄15年) – 神木の椋の根元より霊水が湧きだし、眼病に利くとして評判となり、火難退散の神託が下ったことから、水稲荷神社と改名。
●1788年(天明8年) – 「江戸の水稲荷」を名乗る翁が現れ、京都御所の大火に功績を認められ、「関東稲荷総領職」を賜る。
●1963年(昭和38年) – 早稲田大学と土地交換を行い、甘泉園(清水徳川家下屋敷)である現社地に遷座。
参道入口(東側)・wikipedia-photo、社殿・wikipedia-photo  (wikipedia・水稲荷神社_(新宿区)より)]

[宝泉寺の北側、早稲田大学九号館のあたり(旧水稲荷神社境内)には、高田富士塚と呼ばれる江戸の名所がありました。江戸時代中期以降、江戸では富士信仰がさかんとなり、各地で「富士塚」という模造富士がつくられました。なかでも高田富士は江戸で一番古く、安永8年(1779年)に、高田村の植木職・高田藤四郎が手がけました。高田富士塚は、早稲田大学が昭和38~39年に当時の水稲荷神社の社地を購入したため崩されて、区立甘泉公園のわきに移転した現在の水稲荷神社境内で復元されました。高田富士塚が移転した跡には、早稲田大学九号館の高層ビルがそびえたっています。  (「水稲荷神社 – 新宿観光振興協会」より)]

早稲田水稲荷神社|公式サイト

水稲荷神社 鳥居 – Google Map 画像リンク」、「水稲荷神社 – Google Map 画像リンク

カメラ西北西方向が水稲荷神社参道です。

カメラ西方向が水稲荷神社拝殿です。

資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 大久保絵図」(絵図右上方向・井伊掃部頭下屋敷左に水稲荷神社が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 府内場末其外往還沿革図書. [18]拾九利」(コマ番号3/7・地図中央右下方向に水稲荷社地別當寶泉寺と描かれています。)

江戸名所図会」(画像は国立国会図書館ウェブサイトより取得)・高田稲荷神泉守宮池寶泉寺

江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「高田稲荷神泉守宮池寶泉寺」(11-56)、「高田稲荷明神社解説・右ページ6行目より左ページ4行目まで」(11-57)、「高田富士山解説・左ページ5行目から」(11-58)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*