沼袋氷川神社

マーカーは沼袋氷川神社です。

沼袋氷川神社
[氷川神社(ひかわじんじゃ)は、東京都中野区沼袋にある神社。 沼袋氷川神社とも言われている。
当神社は後村上天皇の時代の正平年間(1346年 – 1370年)に武蔵国一の宮である氷川神社(現在の埼玉県さいたま市)から分霊され、祀られたことに由来する。後の文明9年(1477年)に太田道灌豊島氏との間で合戦(江古田・沼袋原の戦い)の際に、当神社に陣営を置いたと言われ、その際戦勝を祈願して境内に杉の木を植えたと言われている。これが「道灌杉」と呼ばれ、高さ30メートルほどの大木となり、長く親しまれてきたが1942年に枯死した。(現在では切り株が残っている)社殿は幾度か築造されてきたが、1988年に昭和天皇在位60年を記念して作られた社殿が、1年数か月後の1990年に過激派によるゲリラにより焼失してしまう。現在の社殿は翌1991年に造営されたものである。
祭神は須佐之男命
氷川神社・wikipedia-photo  (wikipedia・氷川神社 (中野区沼袋)より)]

中野沼袋氷川神社ホームページ」 – 「年中行事」 – 「中野七福神

中野沼袋氷川神社 – Google Map 画像リンク

カメラ北北東方向が沼袋氷川神社参道です。

カメラ北方向が沼袋氷川神社拝殿です。

沼袋氷川神社拝殿前のカメラです。

中野七福神前のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*