神明氷川神社

スポンサーリンク

マーカーは神明氷川神社です。

神明氷川神社
[文明元年(1468)太田道灌江戸城鎮護のため武蔵大宮氷川神社より勧請し、以来毎年祭日には、太田家より玉串を捧げたと伝えられる。徳川幕府開設後は、もっぱら当地区の鎮守として崇敬されてきた。昭和二十年五月戦災により灰燼に帰したが、直ちに仮社殿を造営。三十三年に本殿を再建し諸設備を整えた。  (「氷川神社」より)]

[神明氷川神社の境内にはお百度参りと深い関わりを持つ「百度石」があります。お百度参りとは、もとは百日続けて参詣することを指しました。それがいつしか、拝殿や本堂と境内に建てられた百度石との間を、はだしで人目を忍びながら一日に百往復し、願をかけるというものに変わりました。百度石は、百度参り起点の石としてだけではなく大願成就のお礼として建てられることもあり、同社に建つ百度石は、その形や大きさから、後者ではないかと思われます。  (「百度石(神明氷川神社内) – 中野区都市観光サイト まるっと中野」より)]

神明氷川神社 – Google Map 画像リンク

神明氷川神社参道のストリートビューです。

神明氷川神社境内のカメラです。

神明氷川神社拝殿のストリートビューです。

スポンサーリンク