小平監視所(旧称:小平水衛所)

スポンサーリンク

マーカーは小平監視所(旧称:小平水衛所)です。

小平監視所(旧称:小平水衛所)
[東京都羽村市羽村取水堰多摩川の水を取水し、東流する。 多摩川水系は現在でも東京の上水源の1/3ほどを占めており、毎秒17.2立方メートルの水が水道用水の原水として利用されている。
取水された水の大部分は、取水堰の下流約500メートルに位置する第3水門から埋設鉄管によって山口貯水池(狭山湖・https://goo.gl/maps/kE8SeLBstBH2)・村山貯水池(多摩湖・https://goo.gl/maps/3an9Ndi8QNxhttps://goo.gl/maps/rHmCEuc6uRv)へ送水され、最終的には東村山市にある東村山浄水場(Google Maps)で利用される。
残りの水はさらに下流、西武拝島線多摩都市モノレール玉川上水駅付近の清願院橋から300メートルほど下流にある小平監視所(旧称:小平水衛所)で取水され、東村山浄水場、および現役の農業用水路である新堀用水の双方に送水されている。なお、小平監視所は、かつては玉川上水と野火止用水の分水地点であった。
小平監視所より下流は、かつては多量の水が新宿区淀橋浄水場まで送られていたものの、1965年(昭和40年)の同浄水場廃止とともに送水を停止し、以降は水道施設としての利用はない。 その後長いあいだ“空堀”状態であったが、1986年(昭和61年)、都の策定した「清流復活事業」により水流が復活した。昭島市宮沢町にある多摩川上流水再生センターにて高度二次処理を施した下水が、このために送水されてきている。
「小平監視所。多摩川からの水が見られるのはここまで。」・wikipedia-photo、「“清流復活“の源頭。小平監視所のすぐ下手にあり、「上水小橋」が架かる。」・wikipedia-photo  (wikipedia・玉川上水より)]

[小平監視所は、東京都立川市幸町にある東京都水道局の監視所。
羽村取水堰から引き入れた多摩川系表流水を玉川上水 – 当監視所 – 砂川線 – 東村山浄水場接合井まで導水するために設けられたもので、主に表流水中に含まれる土砂やゴミの沈殿・除去及び水質監視を行う小さな監視所である。
当監視所は、東京都水道局東村山浄水管理事務所技術課が統括する。
また、ここは野火止用水が玉川上水から分岐する場所(取水口)でもある。ただし現在は、野火止用水の当監視所から西武拝島線東大和市駅前までの区間は廃止されて埋め立てられ、東大和市駅前から下水処理水が野火止用水(Google Mapshttps://goo.gl/maps/r2WshcrUJuC2)に放流されている。
なお、現在の玉川上水は、当監視所で上水道としての役目を終える。これより下流は多摩川上流水再生センター(昭島市に所在する下水処理場)で処理された下水処理水が放流されている。また、放流地点には「上水小橋」と呼ばれる橋(人道橋)が架けられており、玉川上水本流まで降りることができる数少ない場所となっている。  (wikipedia・小平監視所より)]

新堀用水
[玉川上水の北に沿って流れる新堀用水、開削されたのは明治3年(1870)である。明治3年3月、分水口改正(統合)が発表され、南側は砂川用水に、北側は新堀用水に統合されることになった。これは、主として玉川上水の通船計画に基づくもので、新堀用水は小川・大沼田・野中・田無・鈴木・関野・千川の7分水の取水口が、新堀用水へと統合された。(千川用水は、その後、水量の減少を理由に単独の分水口に戻される)
玉川上水の通船計画は江戸時代末期からあったもので、明治維新の混乱により延期され、明治3年の改正となったものである。(但し、通船は水の汚染などの理由により2年ほどで終了してしまう)
南側の砂川用水は、砂川分水・野中新田分水や上鈴木分水をつなげたため、玉川上水とは多少離れた五日市街道沿いを流れるが、新堀用水はその区間の殆どが、玉川上水の北側に沿いながら開削された。
スタートは玉川上水駅近くの小平監視所。かつては野火止用水や新堀用水の分水口が設けられていたが、昭和38年に監視所が設けられた。羽村の取水口から流れてきた玉川上水の水は、ここで除塵・沈殿させて砂川線導水路を通じて東村山浄水場に水が送られる。写真(画像リンク)手前の除塵機への取水口は東村山浄水場への水だが、奥の水門は新堀用水の水門のようである。
その後、玉川上水沿いの遊歩道を歩いていく。とは言っても、しばらくの間、新堀用水は姿を現さない。胎内堀(「ほっこ抜き」「たぬき堀」ともいう)で地下を通しているからだ。トンネルを掘って水路を通し、所々で作業用の縦穴を設置した。現在でいうシールド工法である。この付近の遊歩道沿いには所々で、写真(画像リンク)のような安全柵をみることができる。  (「新堀用水 – 川のプロムナード」より)]

用水路水系と親水および緑道利用敷地 |東京都小平市」[野火止用水、新堀用水(小川分水-GoogleMapshttps://goo.gl/maps/h4spVkPDcbK2、鈴木分水 -Google Maps・、大沼田分水、野中分水、田無分水等)]

カメラ東方向が小平監視所(旧称:小平水衛所)です。

カメラ北北東方向から多摩川上流水再生センターで処理された下水処理水が放流されている。

下水処理水が放流されている玉川上水。

カメラ北東方向で新堀用水が明渠となります。カメラ北北西方向に胎内堀の作業用縦穴の安全柵があります。また、カメラ南方向は玉川上水です。

スポンサーリンク