玉川上水(明治の暗渠・モニュメント)

マーカーは明治の暗渠・モニュメントです。

玉川上水(明治の暗渠・モニュメント)
[玉川上水は京王線幡ヶ谷駅・初台駅間にある本町一丁目交差点地点から文化女子大学東方・西新宿二丁目交差点地点までは、1936年(昭和11年)以来、京王線の敷地として利用されている。 当初は玉川上水に並行して電車が走っていたが、その後上水は暗渠化されて路線用地に転用された。現在は路線も地下化され、地上部は遊歩道などに再転用されている。
文化女子大学前付近。ここもかつての流路である。新宿駅地下にあった明治期の暗渠がモニュメントとして再現されている。wikipedia-photo  (wikipedia・玉川上水より)] 

玉川上水・浅間橋 – 大木戸間の略図

国立国会図書館デジタルライブラリー – 〔江戸切絵図〕. 内藤新宿千駄ヶ谷絵図」(絵図右方向(天龍寺右)・縦に玉川上水が描かれています。)

玉川上水の記 – Google Map 画像リンク

カメラ南南東方向に明治期の暗渠がモニュメントとして再現されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*