アーネスト・サトウゆかりの屋敷跡

マーカーはアーネスト・サトウゆかりの屋敷跡碑です。

アーネスト・サトウゆかりの屋敷跡
[法政大学市ケ谷キャンパスの南門から靖国神社方面へ続く富士見坂を上り、80年館裏門にさしかかると、道路側に向いて銘板をはめ込んだ石碑があります。80年館が開館した1981(昭和56)年3月に本学が建てたもので、この地が英国人外交官アーネスト・サトウ(1843〜1929)ゆかりの屋敷跡であることがサトウの功績とともに銘記されています。
『一外交官の見た明治維新』などの著書で知られ、親日家・日本研究家でもあるサトウは、1862(文久2)年に英国駐日公使館の通訳(当初は見習い)として来日し、幕末から明治維新の動乱期にオールコックパークス両公使を補佐しました。1884(明治17)年にいったん日本を離れますが、1895(明治28)年に駐日公使として帰任、1900(明治33)年まで滞在しました。
サトウは日本にいる間に武田兼(たけだ・かね)との間に二男一女をもうけます。正式な結婚ではありませんでしたが、サトウは家族のため、1884年に麹町区富士見町4丁目6番地(当時)の旧旗本屋敷を購入しました。後年、サトウの次男で日本山岳会設立や尾瀬の保護に努めるなど日本を代表する植物学者として優れた業績を残した武田久吉(1883〜1972)がここに住みました。本学がこの武田邸を購入したのは1976(昭和51)年でした。  (「Vol.24 法政大学 市ケ谷キャンパス内史跡 アーネスト・サトウゆかりの屋敷跡」より)]

[サトウは戸籍の上では生涯独身であったが、明治中期の日本滞在時の1871年に武田兼(カネ, 1853-1932)を内妻とし3人の子をもうけた。兼は、伊皿子指物師の娘という説と、イギリス公使館などに出入りしていた植木職人・倉本彦次郎の娘とする説がある。1884年には麹町区富士見町4丁目(現・千代田区富士見2丁目)にあった敷地面積約500坪の旧旗本屋敷を購入して一家の住まいとし、サトウ帰国後も一族が暮らし続けた(1976年に法政大学が購入し、同大市ヶ谷図書館が建設された)。サトウ日記には、兼のことは「O.K」、家族のことは「富士見町」の隠語で記されている。
兼とは入籍しなかったものの子供らは認知して経済的援助を与えており、第一子の女児は1873年に幼くして病没したが、特に次男の武田久吉をロンドンに呼び寄せて植物学者として育て上げた。長男の栄太郎(1880-1926)もケンブリッジ大学入学のため渡英したが結核とわかり、進学を諦めて療養のため1900年にアメリカコロラド州ラサル(LaSalle)へ移住して農業に従事し、Alfred T. Satowを名乗り現地の女性と結婚、サトウダイコンの生産者として暮らした。病のため生涯同地を離れることはなかったが、1906年に日本訪問を終えて英国に戻る途中に米国に立ち寄った父親と再会した。
また、アーネストは最晩年は孤独に耐えかね「家族」の居る日本に移住しようとしたが、病に倒れ果たせなかった。家族に宛てて日本語で多くの手紙を出しており、横浜開港資料館に所蔵されている。  (wikipedia・アーネスト・サトウより)]

カメラ北北西方向がアーネスト・サトウゆかりの屋敷跡碑です。

カメラ位置はイギリス大使館前で、カメラ北西方向植え込みにアーネスト・サトウ碑があります。(Google Maps)