井戸覚弘 (旗本)屋敷跡

マーカーはカメラ位置です。

井戸覚弘
[井戸 覚弘(いど さとひろ、生年不詳 – 安政5年4月7日(1858年5月19日))は、江戸時代末期の旗本。井戸伊織の子。大内蔵、後に対馬守。弘化2年(1845年)、目付から長崎奉行になる。弘化3年(1846年)、琉球国に通商拒絶され、長崎に来航したセシュ提督率いる仏艦隊の対応をし、嘉永2年(1849年)には米艦プレブルへの米人漂流民の引き渡しの交渉をまとめる。この手腕を買われ、時の老中阿部正弘の抜擢で江戸北町奉行となった。そして、嘉永7年(1854年)2月マシュー・ペリーの再来に際して、林復斎伊沢政義鵜殿長鋭松崎柳浪と共に米国使節応接掛を命ぜられ、交渉に従事し日米和親条約の締結に至った。さらに同年伊豆国下田開港の為に下田に赴き、5月に日米和親条約付録(下田追加条約)に調印した。安政3年(1856年)に大目付となるが在職中に没した。ペリーは日記に50歳位で背が高くかなり太っているが好感が持てる風貌で、駐ロンドン米公使ジェームズ・ブキャナン(後の大統領)に似ていると記しており、かなり好感を持っていた。  (wikipedia-井戸覚弘より)]

資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 御江戸番町絵図」[市ヶ谷御門と後用地の中間下に井戸覚弘 (旗本)屋敷が記述されている。]

国立国会図書館デジタルコレクション – 御府内往還其外沿革図書. 三」(158/186、160/186・地図中央左端、井戸大内蔵と記述されています。)

カメラ東南東方向角地が井戸覚弘 (旗本)屋敷跡です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*