尾張屋清七(金鱗堂)跡

マーカーは三菱東京UFG銀行麹町中央支店です。

尾張屋清七(金鱗堂)跡
[日本独特の地図の形式に切絵図(きりえず)というのがある。都市をいくつかに分割し携帯にも便利にした地図であり、現代でいえば「区分地図」にあたる。江戸の市街や近郊地域を31の地図に分割して編纂した絵地図集である。この切絵図を出版したのが、麹町4丁目(現)にあった金鱗堂尾張屋清七と、麹町6丁目(現)の近吾堂近江屋五兵衛であった。当初は、嘉永年間にもともと荒物屋であった近吾堂が最初に出版した。しかし、これは1色刷りであったのに対し、錦絵などを扱う地本問屋であった尾張屋が出した金鱗堂版は多色刷りを用いてカラフルにしたのが人気を呼んだ。とくに幕府官吏が住んでいた番町地域は、しばしば屋敷が変更するので、それぞれに発行年によってその場所を確認することが必要となった。まさに麹町は地図産業の発展の地でもあった。  (「麹町界隈 わがまち人物館 – 尾張屋清七(金鱗堂)跡」より)]

[一般に江戸切絵図とは、登場した順番に吉文字屋(きちもんじや)板、近吾堂板、尾張屋板、平野屋板の四種類を指しますが、江戸全体をカバーしたのは近吾堂板と尾張屋板で、特に有名なのもこの二つです。
尾張屋板(金鱗堂板)
江戸切絵図の中でもっとも有名なのが尾張屋板です。1849(嘉永2)年、近吾堂板の成功を見て、絵草紙商の尾張屋も切絵図の販売を始めました。出版には関係あるとはいえ、もともと尾張屋も地図専業ではありません。 尾張屋板は近吾堂板との差別化を図ったのか、川や海が青、道路が黄、土手や畑が緑、武家地が白、神社仏閣が赤、町家が灰と色分けされており、非常にカラフルでした。寺院や名所などには写実的な絵も描かれており、まるで錦絵のような印象を受けます。そのせいか近吾堂板よりも人気があり、現在残っている尾張屋板の切絵図の数は近吾堂版の数倍に達します。堂号は金鱗堂、屋号は尾張屋ですが、一般的には尾張屋板と呼ばれます。なお、尾張屋板の切絵図『麹町永田町外桜田絵図』(goo地図)には、尾張屋自身の家が掲載されています。半蔵御門と四ツ谷御門を結ぶのが麹町通りですが、その六丁目に「切ヅ板元金リン堂」と記してあります。切絵図では、町人地には町名だけしか書かれないのが普通なので、これは尾張屋の宣伝だったのでしょう。  (「江戸切絵図-地図趣味のすすめ」より)]

資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 御江戸番町絵図」[絵図右中・麹町六丁目右に「切エヅ板元金鱗トウ」と記述されている。]

カメラ南南東方向が三菱東京UFG銀行麹町中央支店で、この付近が尾張屋清七(金鱗堂)跡です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*