福島藩板倉家上屋敷跡

スポンサーリンク

マーカーは東京逓信病院です。

福島藩板倉家
[福島藩(ふくしまはん)は、現在の福島県福島市岩代国信夫郡、旧陸奥国南部)にあった藩である。居城は福島城。藩主は本多氏,堀田氏,板倉氏の三氏で、いずれも譜代大名であった。
福島城はかつて「杉目城」と呼ばれて、戦国大名である伊達晴宗が息子・伊達輝宗との家督争いに敗れてこの城で隠居生活を送って以来、伊達氏の支城として機能していたが、葛西大崎一揆後に伊達政宗が旧葛西大崎領に転封となり、皮肉にもこの一揆の責任を問われて所領を没収された旧葛西・大崎領領主の木村吉清が福島の新領主となった蒲生氏郷の城代としてこの地に入った。吉清は新しく福島城と城下町を建設した。その後、吉清は再び大名に取り立てられたものの程なく死去、蒲生氏も転封となり、1598年(慶長3年)、代わりに入った上杉景勝によって水原親憲本庄繁長が城代に任じられた。その上杉氏も1664年(寛文4年)、4代藩主継嗣問題で減封となり、福島城を没収された。その後天領を経て1679年(延宝7年)に本多忠国大和国郡山藩から15万石で入封。3年後には再び天領となり、1700年(元禄13年)には堀田氏10万石、1702年(元禄15年)には板倉氏3万石が封じられた。最後の藩主板倉勝達奥羽列藩同盟に与したため、1868年(明治元年)、三河重原に移封されて廃藩置県に至った。  (wikipedia・福島藩より)]

板倉重昌
[板倉 重昌(いたくら しげまさ)は、江戸時代三河国深溝藩主、徳川家康の近習出頭人である。
京都所司代板倉勝重の次男。兄に板倉重宗(父から京都所司代を世襲)がいる。天正16年(1588年)に駿河国駿府に生まれる。内膳正(ないぜんのかみ)を称し、松平正綱秋元泰朝とともに徳川家康の近習出頭人と呼ばれた。慶長19年(1614年)の大坂冬の陣では、豊臣方との交渉の任にあたる。寛永14年(1637年)11月、島原の乱鎮圧の上使となるも諸侯は指揮に従わず、焦慮を覚え翌寛永15年(1638年)1月1日に突撃を敢行して戦死、享年51。
辞世は、「あら玉のとしの始に散花の 名のみ残らば先がけとしれ」とされるが「咲く花の」とする説もある。
重昌の子孫はその後、下野国烏山藩武蔵国岩槻藩信濃国坂木藩陸奥国福島藩と転封され明治まで続いた。  (wikipedia・板倉重昌より)]

資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 御江戸番町絵図」[絵図左下・黒塗り下の板倉内膳正が福島藩板倉家上屋敷です。]

国立国会図書館デジタルコレクション – 御府内往還其外沿革図書. 三」(67/186、69/186、71/186、73/186、75/186、77/186・地図右ページに板倉内膳正と記述されています。)

カメラ東方向が東京逓信病院で、福島藩板倉家上屋敷跡になります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*