阿部正外屋敷跡

マーカーはカメラ位置です。

阿部正外
[阿部 正外(あべ まさと/まさとう)、文政11年1月1日(1828年2月15日) – 明治20年(1887年)4月20日)は、江戸時代末期(幕末)の旗本大名老中陸奥白河藩主。忠秋系阿部家15代。
3000石の旗本阿部正蔵の三男。正室は長谷川政直の娘。粂作・長吉郎・兵庫と名乗る。子は阿部正静(長男)。官位は従四位下、越前守、豊後守、侍従
はじめ父の跡を継いで3000石の旗本となる。禁裏付役人から神奈川奉行外国奉行北町奉行の各奉行を歴任した。元治元年(1864年)、幕命により陸奥白河藩10万石の阿部家分家(豊後守家)を相続し、3ヵ月後に老中に任じられた。
慶応元年(1865年)、発言権を強めていた朝廷から14代将軍徳川家茂の再上洛と攘夷決行が要請された。このため、京都の攘夷派公家・浪士らの牽制として、阿部と本庄宗秀は兵4000を率いて上洛し、朝廷との交渉にあたる。交渉後、朝廷側の要請を一旦江戸に戻って家茂に伝え、将軍家茂の2度目の上洛となった。
家茂に供奉した阿部は再び上洛し、大坂に下り、英仏蘭3か国から要請されていた兵庫開港・大坂開市をめぐって交渉を開始した。阿部は松前崇広と3か国に対して交渉したが、3か国は、「兵庫開港について速やかに許否の確答を得られねば、もはや幕府とは交渉しない。京都御所に参内して天皇と直接交渉する」と主張をした。3か国の強硬姿勢が翻心することはないのではないかと判断した阿部、松前の両老中は、2日後やむをえず無勅許で開港を許すことに決めた。翌日、大坂城に参着した一橋慶喜は、無勅許における条約調印の不可を主張するが、阿部・松前はもし諸外国が幕府を越して朝廷と交渉をはじめれば幕府は崩壊するとした自説を譲らなかった。公方の面前で条約調印の当否をめぐった論争では、家茂が場の緊張感にのまれ泣きだしたという。
朝廷は阿部・松前の違勅を咎め、両名の官位を剥奪し改易の勅命を下し、将軍家茂は両名を老職から外した。慶応2年(1866年)、阿部は隠居、蟄居を命じられ、4万石減封される。家督は長男の正静が継ぎ、同年阿部家は内高(実際の収入石高)の少ない陸奥棚倉藩へ転封された。ただし、将軍家茂はこの露骨な朝廷の幕政干渉に異議を唱え、孝明天皇に将軍辞意を伝えたといわれ、驚いた孝明天皇は以後の幕政干渉はしないと言ったという。  (wikipedia・阿部正外より)]

資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 御江戸番町絵図」[絵図中央上堀沿いに阿部遠江守(阿部正蔵)と描かれています。]

国立国会図書館デジタルコレクション – 御府内往還其外沿革図書. 三」[123/186・地図右下に阿部出雲守と記述されています、124/186、125/186・阿部越前守、127/186・阿部遠江守(天保9年・1838年、阿部正蔵)、129/186・阿部越前守(文久元年・1861年、阿部正外)]

カメラ北東方向付近に阿部正外屋敷があったようで、阿部正外は元治元年、幕命により陸奥白河藩10万石の阿部家分家(豊後守家)を相続するまで屋敷とした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*