宿山橋

スポンサーリンク

マーカーは宿山橋です。

国立公文書館デジタルアーカイブ – 江戸御場絵図」[江戸御場絵図表示は南北逆になっていますので、反転表示すると見やすくなります。反転表示した絵図四つ切右上・「上目黒」と「中目黒」の中間、目黒川に宿山ハシと描かれています。)

今昔マップ on the web:時系列地形図閲覧サイト|埼玉大学教育学部  谷 謙二(人文地理学研究室)首都圏編」で明治期以降の新旧の地形図を切り替えながら表示することができます。
1896~1909年地図で諏訪山と小川の間、目黒川に描かれている橋が宿山橋です。

宿山橋
[宿山橋は目黒川に架かる橋で、桜の季節には絶好のスポットの一つです。
架橋は古く、文化2(1805)年作成の 「目黒筋御場絵図」には宿山ハシと描かれています。目切坂の坂下に設置されている標識によると、橋が架かる道は、かつての鎌倉街道とされています。]

[標識は、坂下に目黒区教育委員会設置による木製の角柱が立っています。
 また、この標識のすぐ脇に、「めぐろ風景 目黒区みどりの散歩道 目切坂と旧鎌倉街道」と題された標識があり、そこには、
 『目の前の坂が目切坂。江戸時代、近くに石ウスの目切りをする腕の良い石工が住んでいたことから、この名前がついたという。
 この道はかつての鎌倉街道でもある。源頼朝鎌倉に幕府を開いた後、変事の際に援軍が鎌倉に急行できるようにとつくられた道の一つ。「いざ鎌倉へ」と、鎧かぶとの武者たちが馬を飛ばしたのは800年も昔の話だ。」』
と書いてあります。  (「目切坂(目黒区)」より)]

カメラ北北東方向が宿山橋です。

スポンサーリンク