米沢藩上杉家下屋敷跡(服部金太郎邸(ハットリハウス))

マーカーは服部金太郎邸(ハットリハウス)です。

関連リンク – 米沢藩上杉家上屋敷跡(法務省旧本館)米沢藩上杉家中屋敷、米沢新田藩上屋敷(外務省飯倉公館、麻布郵便局)

上杉斉憲
[上杉 斉憲(うえすぎ なりのり)は、文政3年(1820年)5月10日、米沢藩11代藩主・上杉斉定の長男として生まれた。母は畠山義周の娘で、側室ながら上杉家の血を引く。父同様、11代将軍・徳川家斉偏諱を受けて斉憲と名乗った。のちに父と同名の斉定とも名乗っている。
天保7年(1836年)10月23日、従四位下・侍従兼式部大輔に叙任。天保10年(1839年)4月3日、家督を継ぐ。同年同月11日、弾正大弼に転任。侍従如元。安政3年(1856年)に海外防備による出費のために藩士の知行借り上げを復活した。同年12月16日、左近衛権少将を兼任、侍従を去る。
安政6年(1859年)には種痘を藩内に推奨した。文久3年(1863年)には徳川家茂京都上洛に御供して二条城警護にあたり、9月22日、左近衛権中将に転任、弾正大弼如元。元治元年(1864年)5月1日、従四位上に昇叙、左近衛権中将兼弾正大弼如元。
藩政改革に努め、軍隊の洋式訓練方法を取り入れるなど、藩政に大きな成功を収め、慶応2年(1866年)にはこの功績を賞され3万石の加増を受けている。上杉家の領地が増やされるのは実に2世紀半ぶりのことで、豊臣政権時代に越後国から会津に加増転封になって以来のことである。この一事が非常な喜びとなったか、かつての名君・上杉治憲(鷹山)に次ぐ名君とまで呼ばれた。開明的な人物で、開国にも積極的だったという。慶応4年(1868年)、戊辰戦争が起きて会津藩と共に米沢藩も討伐の対象とされたが、当初は斉憲は新政府の意向に従って恭順を考えていた。しかし、その嘆願を望んで送った書状を新政府に握りつぶされたため、これに怒って仙台藩と共に奥羽越列藩同盟の盟主となり、新政府軍と戦った。米沢軍は一時は新政府軍を圧倒し、新潟港を奪い返すまでに至ったが、慶応4年(1868年)5月に新発田藩の寝返りもあって新政府軍の猛攻を受け敗走する。同年8月3日、解官。
その後、旗色が悪くなったため、やむなく新政府軍に降伏した。そして、それまで味方であった会津と庄内に兵を送ったため、「裏切り者」と称された。明治維新後、奥羽越列藩同盟の盟主であったことを咎められて、領地を14万石に削減された。また、明治元年12月7日、家督を長男・茂憲に譲り隠居した。  (wikipedia・上杉斉憲より)]

服部ハウス
[1933年(昭和8年)、港区白金に建てた洋館を立てる。設計者は高橋貞太郎。敷地面積は16,815㎡。この洋館が「服部ハウス」として広く知られるようになった契機は、第二次世界大戦後、連合国軍最高司令官総司令部の進駐に伴って接収されたことによる。1945年12月から1年間、極東国際軍事裁判(東京裁判)に携わるジョセフ・キーナン首席検事ら10人の検事の住居となったほか、1948年8月からは東京裁判の判決文の翻訳作業が行われた。翻訳作業が行われた期間は、邸宅の周囲には秘密保持のために鉄条網が張り巡らされ、翻訳陣は邸宅内に缶詰め状態とされた。  (wikipedia・服部金太郎より)]

白金界隈の坂道と細道 東京都港区白金 – 墳丘からの眺め

国立国会図書館デジタルコレクション – 御府内場末往還其外沿革圖書. [2]拾六上(弘化三年・1846年)」(コマ番号2/2・絵図四つ切左上に上杉弾正大弼(上杉斉憲)下屋敷が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 目黒白金辺図(嘉永七年・1854年)」(絵図四つ切右下・高野寺右上に上杉弾正大弼(上杉斉憲)下屋敷が描かれています。)

カメラ東南東方向道路両サイドが米沢藩上杉家下屋敷跡で、道路右側が服部金太郎邸(ハットリハウス)になります。