蛸薬師

マーカーは蛸薬師です。

国立公文書館デジタルアーカイブ – 江戸御場絵図」[江戸御場絵図表示は南北逆になっていますので、反転表示すると見やすくなります。反転表示した絵図右方向・「下目黒」右下、御膳所龍泉寺右下に成就院が描かれています。]

蛸薬師(成就院)
[天台宗の宗祖、比叡山開山伝教大師最澄の高弟、慈覚大師円仁栃木県壬生町生まれ、幼くして伝教大師をしたって比叡山に登り、学問修行に励まれました。承和5年(832)に渡り、同14年帰国されるまでいろいろと苦学して、唐各地をまわり、たくさんの仏法を伝えて帰国されました(この時の旅行記が有名な「入唐求法巡礼行記」です。この本は先年、米国の元駐日大使ライシャワー氏が研究し、英訳出版されました。)大師は若いときから眼病を患い、40歳のとき、自ら薬師さまの小像を刻み、御入の時もこれを肌身につけて行かれましたが、お帰りの海路、波風が荒れましたので、その御持仏を海神に献じて、危急をのがれ、無事に筑紫の港に帰り着かれました。その後大師、諸国巡化のみぎり、肥前国の松浦に行かれますと海上に光明を放ち、さきに海神にささげられたお薬師さまのお像が、蛸にのって浮かんでおられました。大師は随喜の涙にむせび給い、その後東国をめぐり天安2年(858)目黒の地に来られました時、諸病平癒のためとて、さきに松浦にて拝み奉った尊容をそのままに模して、一刀三礼、霊木にきざみ、護持の小像をその胎内に秘仏として納め、蛸薬師如来とたたえまつられました。かくして本尊の殊勝の12大願による福徳威力、信心の人は、心願ことごとく成就し、除災長寿の利益あまねく千年のいまに至るまで、弘く信仰されてきました。 (たこ薬師成就院ホームページより)]

成就院のお静地蔵
[下目黒三丁目11番の「たこ薬師」の通称で知られる成就院の境内東側に安置される石仏群は、中心に阿弥陀如来、その右に観音3体、左に地蔵尊3体からなる。地蔵尊は左から、金剛宝(こんごう)、金剛憧(こんごうどう)、金剛願(こんごうがん)の各地蔵であり、3体あわせて寺ではお静地蔵と称している。寺の由来記によれば、徳川二代将軍秀忠の側室で、会津城主松平家の祖、保科正之の生母、お静の方の発願により順次奉納されたとある。
まず江戸城中奉公を祈念し、あるいは将軍の寵愛を、あるいはお腹様となることを祈3体の観音を奉じ、素願なり慶長16年(1611年)幼名「幸松麿」を授かり、その後は、子の恙(つつが)ない成長を祈り、あるいは家康の側室見性院殿(けんしょういんでん)の庇護を願い、あるいは保科正光の養子たらんことを祈り、3体の地蔵を奉じた。目黒の鷹狩りの帰途、参拝した3代将軍家光と住持舜興(しゅんごう)和尚と法談の縁により、幸松麿元服後保科正之となり、信州高遠3万石の城主に出世し、お静の方は大願成就の礼とし、中尊如来を納めた。後に会津城主となった正之は四代将軍家綱の後見となり、善政を施した。以後、今日までお静地蔵は縁結び、寵愛、子宝、子育て、福徳の霊験いちじるしく、広く信仰をあつめている。  (「歴史を訪ねて 目黒の地蔵尊信仰」より)]

蛸薬師資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 目黒白金辺図」(絵図左上・目黒不動下に蛸薬師成就院が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 麻布新堀河ヨリ品川目黒マデ絵図」(コマ番号6/7・絵図中央右方向に「成就院 蛸薬師」が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 府内場末其外往還沿革図書. [4]拾六中」(コマ番号4・地図中心より右下方向・龍泉寺右方向、道路角地に成就院が描かれています。)

江戸名所図会」(画像は国立国会図書館ウェブサイトより取得)・蛸薬師堂

江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「蛸薬師堂」(7-55)、「蛸薬師如来解説・左ページ中」(7-52)

蛸薬師成就院 – Google Map 画像リンク

カメラ南東方向が蛸薬師山門です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*