西尾藩松平(西尾大給)家下屋敷跡

マーカーは西尾藩松平(西尾大給)家下屋敷です。

関連リンク – 西尾藩松平(西尾大給)家上屋敷跡(東京証券取引所)西尾藩松平(西尾大給)家下屋敷跡(西尾藩藩校典学館跡)

松平乗全
[松平 乗全(まつだいら のりやす)は、三河国西尾藩3代藩主・松平乗寛の長男として誕生。母は阿部正倫の娘。弟に越後長岡藩に養子入りし、老中を務めた牧野忠恭がいる。同じく老中の阿部正弘は母方の従弟で、老中で日本赤十字社創設者の一人でもある松平乗謨(後の大給恒)は外孫にあたる。
幕府では寺社奉行大坂城代を経て老中を務めた。同列の松平忠優(後の忠固)と歩調を合わせ、対外問題では開国・和親を、将軍継嗣問題では南紀派に与して紀州藩徳川慶福(後の家茂)を推し、海防参与の水戸藩徳川斉昭と対立したため、安政2年(1855年)、斉昭に譲歩した阿部正弘の命令で忠優と共に老中を免職され、閣外に放逐された。
しかしその後、正弘死後に幕政の実権を握った老中首座堀田正睦により、名誉回復の意味をこめて、帝鑑間席より溜詰格に栄転している。また、安政5年(1858年)には大老井伊直弼の推挙により老中に再任している。しかし直弼の暗殺(桜田門外の変)後は閣内での影が薄くなり、万延元年(1860年)に辞任、文久2年(1862年)に1万石減封の上で隠居を命じられ、末弟の乗秩が養子として家督を継いだ。  (wikipedia・松平乗全より)]

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 目黒白金辺図(嘉永七年・1854年)」(絵図中央・松平讃岐守下屋敷右に松平和泉守(松平乗全)下屋敷が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 御府内場末往還其外沿革圖書. [4]拾六中(弘化三年・1846年)」(コマ番号2/5・絵図中央
右上に松平和泉守(松平乗全)中屋敷、抱屋敷が描かれています。)

東京市拾五区区分全図 第十弐 芝区全図 – 特別区協議会」(地図四つ切左上・白金三光町251番-262番までが西尾藩松平(西尾大給)家下屋敷跡と思われます。)

カメラ位置は日東坂下で、カメラ西北西方向道路両サイド、国立科学博物館附属自然教育園から外苑西通りまでが西尾藩松平(西尾大給)家下屋敷跡になります。江戸時代には日東坂はありませんでした。