大滝橋(神田川)

マーカーは大滝橋です。

大滝橋(神田川_(東京都))
[神田上水は、関口大洗堰で流れてきた水を左右に分脈し、左側を上水に使う水として水戸藩の江戸上屋敷(現在の小石川後楽園、〔文京区後楽1丁目〕)方面に流し、右側を余水として江戸川と呼ばれるようになった(かつての「平川」は関口から飯田橋まで江戸川、飯田橋から浅草橋までを神田川と改称した。1965年(昭和40年)の河川法改正で江戸川の名称を廃し、神田川に統一にした。)。関口大洗堰が設置された年代はわかってはいない。『水戸紀年』によると水戸藩邸に上水が引かれるようになったのが1629年(寛永6年)とあるから、それ以前に建設されたのではないかと思われる。この記述から巨大な石作りの建造物であったことが窺える。この大洗堰があったため関口という地名が起こったという。関口大洗堰は流水が大滝となって落ちてくる様子が壮大で『江戸名所図会』に「目白下大洗堰」として紹介されるほどの名所であった。1937年(昭和12)に江戸川の改修の際に取り壊され、かつて堰があった跡には大滝橋が架けられた。付近の江戸川公園(文京区関口2-1)にわずかに石柱の一部が保存されているのみである。
関口大洗堰跡と大滝橋(江戸川公園)・ wikipedia-photo、関口大洗堰の取水口のモニュメント・wikipedia-photo、『江戸名所図会』に「目白下大洗堰」として紹介された関口大洗堰・wikipedia-photo  (wikipedia・神田上水より)]

[大洗堰の由来碑碑文のすぐ脇には神田上水の取水口のレプリカがあり、取水口の石材は実際に使用されていたものだそうです。まわりの石垣等は真新しいので最近このレプリカが造られたようですね。なお実際の取水口はここではなかったようですが、埋めたれられて今ではどこかはっきりしないようです。  (「神田上水取水口の関口大洗堰は今はこのようになっていた …」より)]

文京ふるさと歴史館 町並みの移り変わり-定点観測-関口界隈

江戸川公園 桜の名所〈2015〉 – 都内散歩 散歩と写真 – Gooブログ

資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 音羽絵図」(絵図下に神田上水、関口橋が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 府内場末其外往還沿革図書. [18]拾九利」(コマ番号6/7・地図中央、神田上水に大洗堰が描かれています。)

(名所江戸百景・ せき口上水端はせを庵椿やまファイル:100_views_edo_040.jpg)

江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「目白下大洗堰」(12-26)、「大洗堰解説・右ページ最終行より」(12-25)

カメラ北方向が、大滝橋(神田川)です。大洗堰の取水口のモニュメントは大滝橋を渡って、東方向に進むとあります。

大滝橋を渡って東側の360citiesで、360citiesを反転した方向に大洗堰の取水口のモニュメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*