お台場

スポンサーリンク

マーカーは第六台場です。

お台場
[1853年(嘉永6年)、ペリー艦隊が来航して幕府に開国要求を迫る。これに脅威を感じた幕府は、江戸の直接防衛のために海防の建議書を提出した伊豆韮山代官の江川英龍に命じて、洋式の海上砲台を建設させた。品川沖に11基の台場を一定の間隔で築造する計画であった。工事は急ピッチで進められ、およそ8か月の工期で1854年にペリーが2度目の来航をするまでに砲台の一部は完成し、品川台場(品海砲台)と呼ばれた。お台場という呼び方は、幕府に敬意を払って台場に「御」をつけ、御台場と称したことが由来である 。埋め立てに用いる土は高輪八ツ山御殿山を切り崩して調達した。また、そのために東海道の高輪通りを昼間は通行止めにした。
ペリー艦隊は品川沖まで来たが、この砲台のおかげで横浜まで引き返し、そこでペリーが上陸することになった。台場は石垣で囲まれた正方形や五角形の洋式砲台で、まず海上に第一台場から第三台場が完成、その後に第五台場と第六台場が完成した。第七台場は未完成、第八台場以降は未着手で終わった。第四台場は7割ほど完成していたが中止され、その後は造船所の敷地となる。また第四台場の代わりに品川の御殿山のふもとに御殿山下台場が建設され、結局、合計8つの台場が建設された。
完成した台場の防衛は江戸湾の海防を担当していた譜代大名川越藩(第一台場)、会津藩(第二台場)、忍藩(第三台場)の3藩が担った。
この砲台は十字砲火に対応しており、敵船を正面から砲撃するだけではなく、側面からも攻撃を加えることで敵船の損傷を激しくすることを狙ったものである。2度目の黒船来襲に対し、幕府はこの品川台場建設を急がせ、佐賀藩で作らせた洋式砲を据えたが、結局この砲台は一度も火を噴くことなく開国することとなった。
1915年(大正4年):第三・第六台場が東京市に払い下げられ、史跡公園として整備されることになる。
1928年(昭和3年):第三台場が東京市により整備され、台場公園として市民に開放される。
1957年(昭和32年):8つの台場のうち唯一陸上に造られた御殿山下台場が撤去され、跡地に品川区立台場小学校が開校する。
第六台場・wikipedia-photo

現在のお台場は、東京都港区台場品川区東八潮江東区青海のうち青海南ふ頭公園以北から成るエリアで、広義では東京港埋立第13号地全体を指し、さらには第10号地をも加えて東京臨海副都心地区を指す。
東京港の海底を掘削した際の残土により埋立が進められ、13号埋立地が完成する。そのうち北部は幕府が築いた台場にちなんで、お台場と呼ばれた。完成当時、13号埋立地はいずれの区にも属していなかったが、北部は港区、西部は品川区、南部は江東区にそれぞれ帰属した。
船から見たお台場・wikipedia-photo、お台場の夜景・wikipedia-photoレインボーブリッジ自由の女神像wikipedia-photoフジテレビ(奥)とアクアシティ、メディアージュ(手前)・wikipedia-photoお台場海浜公園wikipedia-photoシンボルプロムナード公園wikipedia-photoパレットタウンwikipedia-photo  (wikipedia・お台場より)]

[日本の本土がアメリカ軍による空襲を初めて受けたのは昭和17(1942)年4月18日のことでした。この日、16機のB25爆撃機により、東京、川崎、横須賀、名古屋、四日市、神戸が攻撃を受け、連勝を重ねていた日本人に大変な衝撃を与えました。当時アメリカには日本本土を空襲できる基地がなかったため、太平洋側の日本近海に航空母艦(空母)を進め、海上で爆撃機を発進、日本を横断しながら爆撃を行い、連合国の一員である中華民国内に着陸させたのでした。指揮官の名前を取って、 「ドゥーリットル爆撃」と呼ばれるこの空襲は1回限りでしたが、日本側は十分な迎撃ができず、被害状況は極秘とされました。戦後の調査では死者約90人、負傷者約500人、家屋損壊約300戸といわれています。その中で最初の死者は東京の中学生(早稲田中学校の校庭にいた生徒)でした。
次に日本が空襲を受けるのは、昭和19(1944)年になってからのことです。この年の6月、アメリカ軍は大量の爆弾を遠距離まで運べる最新鋭の爆撃機B29を実戦配備し、中国大陸から九州への爆撃を開始しました。日本が統治していたマリアナ諸島サイパン島テニアン島グアム島)が7月までに相次いでアメリカ軍の手に落ちると、B29による戦略爆撃の拠点基地とされ、11月より日本中の都市への高高度からの爆撃を開始しました。日本軍機や高射砲ではB29の高度に到達できず、本土上空の制空権は失われていきました。そして昭和20(1945)年2月には、マリアナ諸島から500機以上のB29を日本に向けて飛ばすことができる態勢を整えました。さらに日本とマリアナのほぼ中間地点にある硫黄島が同年3月に陥落(硫黄島の戦い)すると、航続距離が短いために今までつけられなかった直掩(ちょくえん・護衛)の戦闘機を配備。B29は護衛が付いたために低空での日中爆撃が可能になり、一層大規模に無差別の絨毯爆撃を行うようになりました。
こうして1年以上にわたる空襲の結果として、日本の主要都市はほとんどが焦土と化し、多くの生命・財産が失われました。
現港区の地域での空襲被害はどのようなものだったのでしょうか。記録によると最初は昭和19(1944)年11月24日、B29による東京湾上の第五・第六台場への爆撃でした。その6日後に浜松町や六本木方面に被害を出し、死傷者も出ました。その後は頻繁に空襲が続くようになっていきます。特に被害が大きかったのは、一般に「東京大空襲」という時に指す昭和20(1945)年3月10日と、「東京山の手大空襲」と呼ばれる同年5月24日、25日の空襲で、一帯は焼け野原と化しました。  (「第1部「港区と戦争」(11ページ~51ページ)(PDF:5152KB)」より)]

東海道品川宿のはなし 第12回|品川区 – 品川区 Shinagawa City

台場公園(品川台場跡) – Google Map 画像リンク

カメラ位置はレインボーブリッジ歩道で、カメラ南東方向が第三台場(台場公園)です。

第三台場(台場公園)砲台前のカメラです。

カメラ位置は第三台場(台場公園)で、カメラ北北西方向が第六台場です。

カメラ東方向が第六台場です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*