三田春日明神社

スポンサーリンク

マーカーは三田春日明神社です。

三田春日明神社
[社伝によれば、天徳2年(958)武蔵国国司・藤原正房が藤原氏の氏神である春日大社の第三殿に祀られている天児屋命を荏原三田邑に奉斎したことを創祀とする。建仁3年(1203)弘法大師作とされる十一面観音を祀った。天文年間(1544~55)現社地に遷座。江戸時代寛永寺の創建に伴い、その末寺の妙禅院が別当となり、三笠神宮寺と称した。江戸府内唯一の春日社として、徳川将軍や諸大名の崇敬が篤かったという。旧社殿は総欅造りで彫刻が見事であったというが、先の大戦の戦災で焼失してしまった。現在の社殿は昭和34年(1959)に再建されたものである。また、境内に祀られている赤羽稲荷は、元は芝公園丸山に鎮座していたが、赤羽橋近くの御府内八十八ヶ所の旧27番札所・円明院に勧請された。明治になり、円明院は廃寺となって御府内27番札所は正光院に移されたが、赤羽稲荷はその後も商売繁盛・所願成就の神徳で信仰を集めていた。しかし、先の大戦で全焼し、平成6年(1994)春日神社境内に遷座再興された。  (「東都神社御朱印集-三田春日神社」より)]

三田春日神社ホームページ」 – 「祭事・年中行事

三田春日明神社資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 芝高輪辺絵図」(絵図右中付近・松平壱岐守の下に春日社が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 芝金杉ヨリ麻布白金御殿跡辺絵図」(コマ番号4/5・絵図上中央「松平主殿頭」右上に「春日社」と描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 品川芝筋白金麻布. [1]」(コマ番号2/8・絵図下右方向、「松平隠岐守中屋敷」左下に「春日社」が描かれています。)

江戸名所図会」(画像は国立国会図書館ウェブサイトより取得)・三田春日明神社三田春日明神社(説明文)

江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「三田春日明神社-1・解説は左ページ1行目より」(3-36)、「三田春日明神社-2・右ページ左から5行目まで」(3-39)

三田春日神社 – Google Map 画像リンク

カメラ西方向が三田春日明神社です。

三田春日明神社拝殿前のカメラです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*