御殿山下台場跡

マーカーは灯台のレプリカです。

御殿山下台場跡
[御殿山下台場は、11基中7基しか建造されずに頓挫した台場建造計画に代わり、陸続きの台場として建造されたもの。現在は完全に埋め立てられ台場小学校となっているが、五角形に建造された御殿山下台場の輪郭は台場小学校を取り囲む道の形となって地図上から確認することが出来る。小学校前には台場の石垣石を使用した記念碑が建ち、明治3年(1870年)、第2台場に設置された灯台のレプリカが置かれている。  (「幕末関連史跡補完計画:史跡便覧:東京都品川区」より)]

[嘉永6年(1853)アメリカ合衆国ペリーが4隻の軍艦(黒船)を率い、日本に開国を求めるため浦賀に来航しました。鎖国をしていた当時の日本は大騒動になり、徳川幕府は江戸の町を守る為急いで品川沖から深川洲崎にかけて11の台場を造ることにしたのです。
 伊豆韮山の代官・江川太郎左衛門英龍がオランダの書物をもとに砲台造りの指導にあたり、第1から第3台場と第5・第6台場は完成させましたが、残りの第4・第7は中途で工事を中止し、第8以下は着工にも至らなかったのです。その代りとして、陸続きで五角形の砲台を造ることになりました。これが御殿山下台場(砲台)です。明治になると埋立てられ姿を消しましたが、幸いな事に台場の輪郭は道として残り、今でもその位置と形を知ることが出来ます。跡地に建つ台場小学校の敷地はこの台場の半分程の面積を占めています。
 台場跡からは石垣が発見され、小学校にはその石垣を使った記念碑が建てられました。石垣の上に立つ灯台は、明治3年(1870)日本で33番目の洋式灯台として第2台場に造られた品川灯台を模したものです。現在、品川灯台は国の重要文化財として愛知県犬山市博物館明治村に移設されています。(『現地説明板より』)  (「御殿山下台場(2010年4月25日)東京都品川区東品川1-8-30 – 旦 …」より)]

[1853年(嘉永6年)、ペリー艦隊が来航して幕府に開国要求を迫る。これに脅威を感じた幕府は、江戸の直接防衛のために海防の建議書を提出した伊豆韮山代官の江川英龍に命じて、洋式の海上砲台を建設させた。品川沖に11基の台場を一定の間隔で築造する計画であった。工事は急ピッチで進められ、およそ8か月の工期で1854年にペリーが2度目の来航をするまでに砲台の一部は完成し、品川台場(品海砲台)と呼ばれた。お台場という呼び方は、幕府に敬意を払って台場に「御」をつけ、御台場と称したことが由来である 。埋め立てに用いる土は高輪八ツ山御殿山を切り崩して調達した。また、そのために東海道の高輪通りを昼間は通行止めにした。
ペリー艦隊は品川沖まで来たが、この砲台のおかげで横浜まで引き返し、そこでペリーが上陸することになった。台場は石垣で囲まれた正方形や五角形の洋式砲台で、まず海上に第一台場から第三台場が完成、その後に第五台場と第六台場が完成した。第七台場は未完成、第八台場以降は未着手で終わった。第四台場は7割ほど完成していたが中止され、その後は造船所の敷地となる。また第四台場の代わりに品川の御殿山のふもとに御殿山下台場が建設され、結局、合計8つの台場が建設された。
完成した台場の防衛は江戸湾の海防を担当していた譜代大名川越藩(第一台場)、会津藩(第二台場)、忍藩(第三台場)の3藩が担った。
この砲台は十字砲火に対応しており、敵船を正面から砲撃するだけではなく、側面からも攻撃を加えることで敵船の損傷を激しくすることを狙ったものである。2度目の黒船来襲に対し、幕府はこの品川台場建設を急がせ、佐賀藩で作らせた洋式砲を据えたが、結局この砲台は一度も火を噴くことなく開国することとなった。
1915年(大正4年):第三・第六台場が東京市に払い下げられ、史跡公園として整備されることになる。
1928年(昭和3年):第三台場が東京市により整備され、台場公園として市民に開放される。
1957年(昭和32年):8つの台場のうち唯一陸上に造られた御殿山下台場が撤去され、跡地に品川区立台場小学校が開校する。  (wikipedia・お台場より)]

東海道品川宿のはなし 第12回|品川区 – 品川区 Shinagawa City

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 芝高輪辺絵図」(絵図左下・松平相模守(鳥取藩)御臺場が描かれています。)

御殿山下台場砲台跡 – Google Map 画像リンク

カメラ東南東方向に第2台場に設置された灯台のレプリカが置かれている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*