柳本藩織田家上屋敷跡

マーカーは柳本藩織田家上屋敷跡です。

柳本藩織田家
[柳本藩(やなぎもとはん)は、大和国式上郡山辺郡宇陀郡を領有した藩。藩庁は柳本陣屋(現在の奈良県天理市柳本町黒塚古墳)。なお、藩庁は陣屋であるが、家格は城主格大名であった。
織田信長の弟で、茶人として有名な織田有楽(長益)は、慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いで東軍に与して戦功を挙げたことから、大和国河内国の内に3万石の所領を与えられた。その後は徳川家康に仕えず、豊臣秀頼の大叔父ということで秀頼の家臣となっていた。大坂冬の陣では豊臣方として戦ったが、その裏では徳川方に内通したり、冬の陣における和睦交渉で裏工作を行なっている。そして夏の陣直前に豊臣方から離れたため、戦後に罪には問われなかった。しかし有楽は藩領3万石のうち、1万石を自分の隠居料(味舌藩)とし、残りの2万石うち、1万石を四男の長政に、同じく1万石を五男の尚長にそれぞれ分与した。このため、長政の系統は大和国芝村藩として、尚長の系統は柳本藩として存続することとなる。
尚長の後、柳本藩は織田長種織田秀一と続いたが、第4代藩主・織田秀親の代である宝永6年(1709年)2月、前将軍・徳川綱吉の法会が寛永寺で行なわれているときに、発狂した前田利昌によって秀親が殺害された。このため、柳本藩は改易の危機を迎えたが、家老たちが機転を利かせて秀親は病死ということにして、弟の成純を養嗣子として跡を継がせ、改易の危機を脱した。
江戸時代中期頃になると、小藩の悲しさから藩財政の窮乏化が表面化する。このため領民に重税を敷いたが、第10代藩主・織田秀綿の代である明和6年(1769年)1月には百姓が重税に反対して強訴を起こすに至った。享和2年(1802年)12月にも百姓による年貢軽減を求める一揆が発生し、織田軍と百姓との間で乱闘による死傷者が多数出ている。さらに江戸時代後期に入ると、ただでさえ藩財政が厳しい中で文政13年(1830年)には火事により柳本屋敷が全焼する。このため第11代藩主・織田信陽天保4年(1833年)10月に藩士27人のリストラを行なっている。そして嘉永5年(1852年)12月27日には信長以来の名族ということもあって、城主格に任じられた。幕末期では天誅組の反乱鎮圧や天皇陵の修築工事を行なうなど、早くから官軍に近づいていた。明治維新後は版籍奉還により知藩事となり、明治4年(1871年)の廃藩置県により柳本藩は廃藩となり、柳本県を経て奈良県に編入されたのである。
なお、織田氏の諸藩では他に、織田信雄の系統で天童藩柏原藩が、有楽の系統で上述の芝村藩(戒重藩)が、明治維新まで存続した。有楽の系統は他に野村藩が存在したが、江戸時代初期に除封、無嗣断絶している。  (wikipedia・柳本藩より)]

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 芝高輪辺絵図(嘉永三年・1850年)」(絵図四つ切右下・薩摩宰相殿上屋敷右に織田安芸守(織田信陽)上屋敷が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 御府内場末往還其外沿革圖書. [2]拾六上(弘化三年・1846年)」[絵図四つ切右に織田安芸守(織田信陽)と描かれています。]

国立国会図書館デジタルコレクション – 品川芝筋白金麻布. [1](寛政六年・1794年)」(コマ番号5/8・絵図四つ切右下に、「織田筑前守(織田秀綿)」と描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 芝金杉ヨリ麻布白金御殿跡辺絵図」(コマ番号2/5・絵図四つ切右下、松平大隅守上に「織田大和守」と描かれています。)

カメラ位置は芝園橋交差点で、カメラ南方向道路左を含む、西側一帯が柳本藩織田家上屋敷跡になります。