泉岳寺

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    泉岳寺
    [泉岳寺は曹洞宗の寺院です。曹洞宗のご本山は二つあり、一つは道元禅師が開かれた福井県永平寺、もう一つは横浜市鶴見区総持寺です。道元禅師の主著は仏教の真髄を表した『正法眼蔵』という95巻に渡る書物です。さて、泉岳寺は慶長17年(1612年)に門庵宗関(もんなんそうかん)和尚(今川義元の孫)を拝請して徳川家康が外桜田に創立した寺院です。(現在の警視庁の近く)しかしながら寛永18年(1641年)の寛永の大火によって焼失。そして現在の高輪の地に移転してきました。時の将軍徳川家光が高輪泉岳寺の復興がままならない様子を見て、毛利・浅野・朽木・丹羽・水谷の五大名に命じ、高輪に移転した泉岳寺は出来上がったのです。浅野家と泉岳寺の付き合いはこの時以来のものです。一般的には赤穂義士のお墓があることで有名ですが、創建時より七堂伽藍を完備して、 諸国の僧侶二百名近くが参学する叢林として、また曹洞宗江戸三箇寺ならびに三学寮の一つとして名を馳せていました。その家風は引き継がれており、人数は少ないものの、大学で仏教を学びつつ泉岳寺で修行を勤めるという若い修行僧が、現在もいます。  (泉岳寺ホームページより)]

    [元禄赤穂事件で有名な浅野長矩赤穂浪士が葬られていることで知られ、現在も多くの参拝客が訪れる。また、毎年4月初旬と12月14日には義士祭が催される。また境内に、赤穂浪士ゆかりの品を所蔵している「赤穂義士記念館」がある。他に、「高島易断」で知られる高島嘉右衛門の墓もある。境内には学寮があり、後に吉祥寺旃檀林学寮、青松寺の獅子窟学寮と統合して駒澤大学に発展したほか、現在でも僧侶は境内の学寮で共同生活を行いながら大学に通学している。
    山門・ファイル:Sengakuji_02.JPG、本堂・ファイル:Sengakuji_03.JPG  (wikipedia・泉岳寺より)]

    境内案内 – 泉岳寺

    赤穂浪士の墓配置図と戒名の紹介サイト – 「赤穂浪士の戒名 : 気ままに江戸 散歩・味・読書の記録

    泉岳寺資料リンク
    国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 芝高輪辺絵図」(絵図中央・御用地の上方向に泉岳寺が描かれています。)

    国立国会図書館デジタルコレクション – 品川芝筋白金麻布. [1]」(コマ番号2/8・絵図四つ切左下に「泉岳寺」が描かれています。)

    国立国会図書館デジタルコレクション – 麻布新堀河ヨリ品川目黒マデ絵図」(コマ番号3/7・絵図左上「細川越中守」右上に「泉岳寺」が描かれています。)

    江戸名所図会」(画像は国立国会図書館ウェブサイトより取得)・泉岳寺

    江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「泉岳寺」(3-51)、「萬松山泉岳寺解説-1・右ページ最終行から」(3-50)、「萬松山泉岳寺解説-1・右ページ中程まで」(3-52)

    東海道名所図会. 巻之1-6 / 秋里籬嶌 [編]」・「高縄茶店」(6-69)[図会右ページ右端に高輪大木戸が、その左上に泉岳寺が描かれている。)

    大石内蔵助良雄銅像 – Google Map 画像リンク」、「本堂 – Google Map 画像リンク」、「梵鐘・鐘楼堂 – Google Map 画像リンク」、「血染めの梅、血染めの石 – Google Map 画像リンク」、「赤穂義士墓地 – Google Map 画像リンク」、「大石内蔵助墓所 – Google Map 画像リンク」、「泉岳寺 – Google Map 画像リンク

    カメラ西方向が泉岳寺中門です。

    泉岳寺山門前のカメラです。

    泉岳寺境内のカメラです。

    義士祭開催中・泉岳寺境内のカメラです。

    赤穂浪士の墓参道のカメラです。

    義士墓入口の門前のカメラです。

    泉岳寺赤穂浪士墓所のカメラです。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *