道往寺

マーカーは道往寺です。

道往寺
[道往寺は江戸時代寛文年間(1661年-73年)に建立されました。
道往寺の一帯は、かつて東京湾に面した高台でした。高輪の海岸線の景色は、葛飾北斎「阿蘭陀画鏡(おらんだえかがみ)江戸八景高縄」に描かれています。また、江戸時代後期には「廿六夜待ち」の月の名所として人気を集めました。
東京大空襲で都心一帯は空襲に遭いましたが、道往寺は庫裡は焼けたものの本堂は戦火を免れました。
2013年、本堂の大規模立て替え工事と、納骨堂の新設が完了。  (「道往寺について – 来迎山 道往寺」より)]

道往寺|港区高輪にある浄土宗寺院、江戸三十三観音霊場 – 猫の足あと

道往寺資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 芝金杉ヨリ麻布白金御殿跡辺絵図」(コマ番号4/5・絵図中央下「御書院組大繩地」右下に「道往寺」が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 品川芝筋白金麻布. [1]」(コマ番号2/8・絵図四つ切左下「御書院番組」左に「道往寺」が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 麻布新堀河ヨリ品川目黒マデ絵図」(コマ番号3/7・絵図左上「御書院組大繩地」右に「道往寺」が描かれています。)

道往寺・高輪庭苑 – Google Map 画像リンク

カメラ西方向が道往寺山門です。

道往寺山門内のカメラです。

道往寺本堂前のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*